偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸二カリウム(ジカリウム)配合薬用化粧水でニキビが悪化するメカニズム

ニキビケア用途にグリチルリチン酸二カリウム配合薬用化粧水を常用/長期使用するとお肌が免疫力が低下して、アクネ菌/ニキビ菌だけでなく日和見菌にまで攻撃され、逆効果で悪化する場合も!

グリチルリチン酸ジカリウム配合コンシーラーではターンオーバー低下してシミは消えずに残る!

コンシーラーはグリチルリチン酸2K不使用品でシミ対策を! 弊社の経験では、シミは肌代謝/ターンオーバーや血流を低下させない化粧水で角質層内を潤すと、薄くなったり消えました。

ワクチン成分のチメロサールが原因との疑いがまだ残る自閉スペクトラム症障害者の実情と人権問題

播州エリアでは加西市に、自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)や統合失調症スペクトラム障害を中心とした精神障害者を支援する大規模な障害者施設や小規模作業所が点在します。

自閉症等自閉スペクトラム障害とインフルエンザワクチン等の防腐剤のチメロサールとの因果関係

チメロサールと自閉スペクトラム症との因果関係を主張する研究に、欠陥があるなどで主張が認められなかっただけのことで、未知の因果関係の存在の可能性までは、否定されていません。

肥満症や糖尿病でない健康な若者はコロナワクチン接種前にメリットとデメリット比較検討すべき?

肥満症でもない健康な若者にとって、特別な治療を要せずとも治るような感染症を予防するために、リスクが懸念される成分を含有するワクチンを、わざわざ接種すべきなのかとも感じます。

コロナワクチン成分のポリソルベートやポリエチレングリコールには早期卵巣不全や不妊化の危険性

新型コロナワクチンの添加物のポリソルベート80やポリエチレングリコールの、早期卵巣不全発症や不妊化リスクは、また払拭されていません。将来的には短命化(早死)の副反応リスクも!

強い副反応を伴うHPVワクチン接種は不要? 子宮頸がんは生活習慣病と考えるべき?

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)接種は本当に必要? 本来ヒトパピローマウイルスは人の命を奪うほどの狂暴なウイルスではなく、生活習慣病予防がまず必要なのでともいえるでしょう。

ひどい敏感肌や乾燥肌 コロナワクチン接種でアレルギー/アナフィラキシー等副作用/副反応の危険性?

ポリソルベート80やポリエチレングリコールは多くの化粧水や乳液等化粧品等に配合されている為、使い過ぎで敏感肌になっている方は、新型コロナワクチン予防接種前に状態のご確認を!

ファイザー・モデルナ社・アストラゼネカ 新型コロナワクチンの成分の違いや安全性/危険性

ファイザー製・武田/モデルナ製・アストラゼネカ製の新型コロナワクチンの大きな特徴は、これまてのワクチンと違って、アジュバントとチメロサールが無添加という点でしょう。

種痘禍事件や京都・島根ジフテリア予防接種禍事件等ワクチン副反応による大規模死亡事故は風化されようとしている…

ワクチンの副反応/副作用によって多数の死者/犠牲者や被害者が出た種痘禍事件や京都・島根ジフテリア予防接種禍事件は、教科書には掲載されることもなく、義務教育では教えてもらえません。

日本での種痘(ワクチン)が天然痘感染拡大防止に効果があったという科学的根拠はない?

日本での種痘は江戸時代後期より始まり、明治時代になって本格化。明治9年に天然痘予防規則が施行され、同42年には法的規定を有しない強制接種制度である種痘法が確立しました。

天然痘を撲滅したのは人類初のワクチンの種痘ではなく栄養摂取状態や衛生状態等生活環境改善?

種痘(ワクチン)が天然痘予防接種として効果があったとは必ずしも言えない、むしろ食生活を含めた生活改善や衛生面での改善が、天然痘根絶に大きく寄与した可能性も示唆されています。

メッセンジャーRNAコロナワクチン ウイルスの遺伝子を被接種者のヒト細胞が取り込む危険性は?

人類は共存するウイルスの遺伝子をRNAからDNAに逆転写して、進化してきたことが明らかに! つまりmRNAワクチンがもつウイルスの遺伝子を、ヒトのDNAが取り込む危険性を否定できない。

ファイザーとモデルナはメッセンジャーRNA アストラゼネカはウイルスベクターワクチン

生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドワクチン、mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチン等の種類。新型コロナワクチンの主流は、mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチンです。

肥満症は免疫力を低下させて若い人でも新型コロナウイルス感染症を重症化させる基礎疾患/持病!

持病/基礎疾患なしの若者でも新型コロナウイルス感染症が重症化するというデマが、コロナワクチン接種の必要性の世論を高めている! 不幸にして亡くなった千葉の20代男性は肥満症でした。

和食は肥満症を改善するダイエット食品! コロナワクチン接種より安全で効果的なコロナ対策?

梅干しを含めた日本の食材/和食を啓蒙することが新型コロナウイルス感染拡大防止に有効である旨の記事が、マキノ出版の人気本「ムック」本日(2021年5月25日)発刊分に再々掲載されました。

乾燥肌で全身がカサカサして痒みがひどい場合は無添加の純石鹸がおすすめ!

乾燥肌対策としてグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸二カリウム/グリチルリチン酸2K//GKⅡ)配合痒み止め無添加石鹸の常用/長期使用で、だんだん効果が薄れて痒み増大の危険性!

角質層内の茶色のシミ・こげ茶色のシミ・黒いシミの原因と改称/改善方法

青シミや灰色シミを除いて、シミはターンオーバー/肌代謝が正常であれば、改善(薄くなるまたは消える)可能です。それを妨げる代表的な化粧品成分は、グリチルリチン酸ジカリウムです。

アトピー性皮膚炎 グリチルリチン酸ジカリウムの副作用/リバウンドはステロイド剤ほど強くない?

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)のステロイド様作用は、ステロイド剤ほどの副作用はないという情報は、必ずしも正しくありません。安易なアトピー性皮膚炎の脱ステロイドにご注意!

甘草が古来より中国でGreat Detoxifier(偉大な解毒剤)と呼ばれる!?

グリチルリチン酸ジカリウムが抽出される甘草に毒性を弱める解毒作用があるのは事実ですが、これは同化粧品成分の機能の一部に過ぎません。場合によっては、毒性を強める危険性も!

花粉症対策として蕗(ふき/フキ)が有効なら新型コロナ感染拡大防止に!

フキ(ふき/蕗)が花粉症対策として有効なら、間接的に新型コロナウイルス感染拡大防止に有効である可能性が! ワクチンに過度な期待をするよりも、まず和食を啓蒙すべきでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合美白化粧品 くすみや黒ずみ改善効果なし!

美白化粧水によく配合されるグリチルリチン酸ジカリウム(2K)や美白クリーム配合されるグリチルレチン酸ステアリルには、くすみ改善効果や黒ずみ改善効果なし! むしろ逆効果でしょう。

グリチルリチン酸ジカリウム配合薬用シャンプー 常用/長期使用で頭皮が老化して脆くなる危険性

グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸2K//GKⅡと同じ)配合薬用シャンプーを常用/長期使用すると、頭皮が老化して脆くなる危険性があります。

グリチルリチン酸ジカリウムには保湿効果なし それは副作用/副反応のむくみ効果!

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/グリチリルリチン酸二カリウム/GKⅡ)には、「保湿効果」などはありません。あるのは「むくみ効果」であり、セルライトができることも!

薬用化粧品のライン買い・シリーズ買いやセット購入の危険性 グリチルリチン酸ジカリウム重複の危険性

薬用化粧品やコスメをライン買い、シリーズ買いやセット購入して、複数の商材がグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/グリチリルリチン酸二カリウム/GKⅡ)配合の場合は要注意。

グリチルリチン酸ジカリウム配合美容成分たっぷり化粧水や美容液等化粧品の危険性

過度な美白効果を求めたり、美容成分たっぷり配合化粧水等コスメを使用すると、グリチルリチン酸ジカリウムの経皮摂取量が増大し、ターンオーバーや血流が低下して、美肌を失う危険性が!

美白効果が高い薬用美白化粧水や美容液 ターンオーバー低下して美肌を損なう副作用の危険性

美白ケア商材としての薬用美白化粧水や美白美容液はとても人気ですが、お顔がまっ白になるなどの美肌効果が高ければ高いほど、美肌を失う副作用の危険性があるといえるでしょう。

漢方では甘草(カンゾウ根エキス)の長期使用/常用は副作用の危険があるため危険としています!

漢方薬の常識では、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ/グリチルリチン酸二カリウムと表示)を主成分とするカンゾウ根エキスや甘草根の常用/長期使用はタブーです。

グリチルリチン酸ジカリウム不使用コスメ ターンオーバー改善し黒ずみやくすみが改善する可能性

若々しい美肌作りをしたいのであれば、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ/グリチルリチン酸二カリウム)配合化粧水や美容液等化粧品は、可能な限り不使用に!

グリチルリチン酸二カリウム(ジカリウム/2K)配合美白化粧品常用はたるみ等老化肌の原因!

グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧品は年齢肌対策に逆効果であり、常用/長期使用すると、血流や肌代謝が低下して美肌を失うだけでなく、糖化作用によって老化肌を招く危険性があります。