偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

平成の御代に発生した小麦アレルギー事件とロドデノール白斑事件の共通点は、美白効果が大きく宣伝されていた点とグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)が配合されていた点でした。これら2大薬用化粧品事故発生時には主原因の「加水分解コムギ」や「ロドデノール」といった化粧品成分がクローズアップされましたが、このグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていなかったら、じつは事故は発生しなかっただろうという見解もあります。というのもグリチルリチン酸ジカリウムには免疫抑制作用があり、経皮感作を促す危険性があるからです。

じつは弊社では早い時期より、グリチルリチン酸ジカリウムを配合した美白石鹸や美白化粧水がもつ危険性について、公式サイト内の記事にて広く注意喚起を行っておりました。「グリチルリチン酸ジカリウムでお肌デコボコ」と題した記事は、事故が発生した前後の当初数年間は、大手検索サイトで1~2位をずっとキープしていて、同化粧品成分配合商材による健康被害を、弊社の記事で回避できたという意味で、多くの方々より感謝のメールをありがたく頂戴した経験がございます。

またインターネット上では、同化粧品成分のステロイド様作用はステロイド剤とは比べ物にならないほど軽微といった情報が大半ですが、実際は逆の場合もあります。たとえばアトピー性皮膚炎患者さんが脱ステロイド目的で、同化粧品成分配合薬用化粧水でアトピーケアをした場合、ステロイド剤使用時と同様またはそれ以上のリバウンドが発生することは、よく知られていることです。すなわちグリチルリチン酸ジカリウムには強い薬効があるということです。

漢方ではグリチルリチン酸ジカリウムが抽出される甘草根は、長期連用してはならないとされています。しかし、毎日使用する化粧水等コスメにグリチルリチン酸が当たり前のように配合されているのが、現在の化粧品業界の実態です。弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者として有名)によれば、経口摂取・経皮摂取にかかわらず、必要もないのに同成分配合品は長期連用すべきではないとのことです。短期間に使用してこそ、このグリチルリチン酸ジカリウムは人類に有益ということなのです。

また同成分配合スキンケア製品を皮膚に塗布すると、血流や新陳代謝を阻害するだけでなく、肌組織内部の血糖値を上昇させてメイラード反応に導く副作用もあります。お肌が糖尿病患者さんと同じ状態にする、すなわち老化させるということです。こういった情報が消費者に知らされていないことに、強い懸念を禁じえません。

前出の記事に引き続き、2大事故を経験した今このグリチルリチン酸ジカリウムにどう対処するべきかという意味で、「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」と題した記事を書きました。同化粧品成分の基本的な情報から、それ自体がもつ危険性、またはその成分を経皮摂取中にしてはならないことなどを、さまざまな観点より記述しております。ご興味がございましたら、ぜひご一読下さいませ。

このブログでは同化粧品成分に関する危険情報のほか、弊社が商業活動をする上で得た情報をメインに、必要があれば医学的裏付けをとりながら、書いてまいりたいと思います。他のサイトでは記述されていることはできるだけ省き、読者様にとって価値の高い記事にしてまいりたいと思います。末永くご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

プロフィール
id:algai
リンク
ブログ投稿数
142 記事
ブログ日数
96 日
継続期間
5 日