偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

手がふやける/皮がむける原因が手荒れ防止用ハンドクリーム?


カテゴリ2(危うい乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

手荒れ予防のためにちゃんとハンドクリームを塗っても、手が荒れてお困りの方は少なくありません。

正確に申し上げれば、ハンドクリームを塗れば塗るほど、手荒れがひどくなる方です。

手がそのような状態であれば、入浴中に極端に手がふやけます。

手の皮膚がハンドクリームに含まれる様々な有害物質や化学物質などの刺激物で、壊死してしまっているのです。

手荒れがひどい場合はハンドクリームに頼らずに、まずはお医者さんへ相談しましょう。

そして当ブログからの提案は、ハンドソープ、台所用洗剤、ボディソープ、シャンプーなどの合成洗剤のご使用を一切断ち、純石鹸に切り替えることです。

なぜならば、このように皮膚が弱い方が荒れる方は、決まって合成洗剤に頼りきりなのです。

純石鹸に関しては、こちらの記事をご覧ください。

合成洗剤との違いから、お薦めの純石鹸まで掲載しております。 

 

 

この情報が皆様の安全で快適なスキンケアライフの、お役に立てれば幸いです。

アメブロの類似記事

 

www.alga.jp

ワセリンの安全性 石油系/鉱物油系だから危険というのはデマ

カテゴリ2(危うい敏感肌・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

ワセリンは石油から製造・精製されるスキンケア商材だから危険だとする情報を、インターネット上でよく見かけます。

危険だとする理由は、「石油から作られるから!」だということで、まったく理由になっていないのが実情です。

要するに、ワセリンが危険であるという根拠はないということで、思い込みやデマということになります。

自然派化粧品やシャンプー等スカルプケア製品の宣伝で、「石油系合成界面活性剤や鉱物油は危険!」といった文言が使用されますが、まったく同様のデマです。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者)によれば、ワセリンはきわめて安全性が高い保湿剤とのことで、医療の現場でも大活躍しています。

「鉱物油フリーで安全!」といった高価な自然派保湿クリームよりも、比べ物にならないほど安全とお考え下さい。

そのため極度な乾燥肌のアトピー性皮膚炎患者さんの間でも、根強い信頼・人気があるわけです。

ただしベタベタしたペタツキのある使用感だけは、不人気のようですが・・・。

 

この情報が皆様の安全で快適なスキンケアライフの、お役に立てれば幸いです。

 

www.alga.jp

コンシーラーはグリチルリチン酸ジカリウム不使用がおすすめ!

カテゴリ1(グリチルリチン酸ジカリウムの副作用)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

コンシーラーをお使いの方には、大きく分けて二通りです。。

1.シミやクマが改善されるまで使う

2.もうシミやクマは治らないからずっと使い続ける

弊社が感じた限りでは、圧倒的に2の方が多いようです。

すなわち、もうシミやクマは治らないと、半ば諦めておられる方々が大半ということです。

しかしそれはコンシーラーを今までお使いになられた結果から、そのように諦めるといったことに至っているわけです。

クマ(隈)の種類は大きく分けて、茶クマ、黒クマ、青クマとあるようですが、結局はすべてのタイプのクマも、血行や肌代謝の状態が大きな原因となっています。

またすべてのタイプのクマを治癒・改善するには、血流改善や新陳代謝アップが必須です。

シミも同様です。

それにもかかわらず大半のコンシーラーに、血行や肌代謝を阻害させる化粧品成分のグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)が配合されているのです。

クマやシミが、治るはずなどないでしょう。

また弊社の経験では、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水から不使用の化粧水に切り替えることで、シミがまったくなくなったり薄くなったというケースが続出しています。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

 

www.alga.jp

シワ取り効果が出るまでレチノールクリームを塗布する危険性

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版分割記事③に続く縮小版分割記事④となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

レチノールクリームによるシワ取り効果を最大限まで引き出そうとして、効果がでるまでレチノールクリームを多量に塗布される方がいらっしゃるようです。

しかし初回の記事に書いたように、レチノールは必要摂取量と上限摂取量の幅が非常に狭い、最も中毒を起こしやすいビタミンです。

多量にお肌に擦り込むことは、当然ながら安全とはいえないでしょう。

過ぎたれば及ばざるがごとしで、逆効果となる場合もあるようです。

弊社の化粧品・スキンケア製品の設計の基本は、お肌は潤いさえあれば美しさを保つことが可能ということです。

身体が健全でお肌に潤いさえあれば、経口摂取したレチノールを含む栄養が、お肌まで届きます。

弊社アドバイザー医師の医学的見解も、やはり同じです。

レチノールクリームの効果は決して否定するつもりはありませんが、まずは経口摂取による美肌作りを目指すべきではないでしょうか。

特殊なスキンケア製品をお使いの方に限って、日頃からの経口摂取がお粗末であることは、よくあることです。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連分割記事④

 

www.thalassotherapy.co.jp

シミ対策・毛穴対策・乾燥肌対策にはファンデ直塗りがおすすめ!

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

乾燥肌や敏感肌に陥っているのにもかかわらず、無理してダブル洗顔をされる方は少なくないようです。。

毛穴がすでに大きく開いていても、どろどろするまでのテカリでいちご鼻になっても、より肌負担が大きいしっかりメイクで毛穴カバーしたりウォータープルーフのメイクの厚化粧をするなどです。

なかにはオイルクレンジング・メイク落としで瞼がカブレてしみができても、コンシーラー等のポイントメイクでさらに厚化粧でしみ対策するなど…。

厚化粧であればあるほど、クレンジングオイル等によるメイク落としの負担は大きくなります。

これはまさに負のスパイラルで、ますますお肌の砂漠化は進行して、超敏感肌に陥るでしょう。

この問題は、ファンデーション直塗りによるナチュラルメイクに切り替えることによって、簡単に解決できる可能性が高いでしょう。

使用するファンデーションは、パウダータイプのミネラルファンデーションがおススメです。

下地なしでファンデーションがお肌に馴染む、ファンデ直塗りできる出来合いの化粧水はあまり売られていませんが、手作り化粧水という方法もあります。

化粧下地クリームやプライマーを塗らなければ、ダブル洗顔は不要となり、お肌に優しい純石鹸洗顔でのメイク落としが可能となります。

(化粧下地クリームと同様の成分が配合されているリキッドファンデーションは不可。)

お肌の潤いは次第に回復して、毛穴レス肌・テカリ改善が十分期待できるでしょう。

また、メイク落とし時にあらたなシミができる危険性がなくなるだけでなく、シミが消えるしみ消し効果も!

端的に申し上げればこの方法、はすっぴん美肌・すっぴん美人になる方法です。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

 

www.thalassotherapy.co.jp

レチノールクリームの基材が肌荒れや皮むけの原因になりえる!

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版分割記事②に続く縮小版分割記事③となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

レチノールクリームを塗布して生じた肌荒れや皮むけが、すべて好転反応/レチノイド反応がによるものとは限りません。

保湿クリームやハンドクリームなどに配合される基材自体が、お肌に合わない場合があるからです。

目に見えてわかりやすい現象として、手荒れ防止のために塗布したハンドクリームで、手荒れ(手の肌荒れ)を起こす方が少なくありません。。

表皮の細胞がクリームの機材に含まれる様々な化学物質に耐え切れず死滅して、ひどい場合には皮がベローンと剥がれてしまうのです。

ですからエステティシャンや我々化粧品販売業者ごときが、好転反応を見極める等は、到底不可能というわけです。

レチノールクリームを塗布して肌荒れ等の異常がお肌に生じた場合は、注意書きに従い、即刻使用を中止すべきということです。

さもなければ身体に有害な化学物質を、無理やりお肌にすりこむことになる危険性があるわけです。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連分割記事③

 

www.alga.jp

 

 

レチノールクリーム 皮が剥けるのは好転反応のレチノイド反応?

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版分割記事①に続く縮小版分割記事②となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

シワ取り効果がしっかりあるか否かの問題は別として、レチノールクリームがお肌に合わない場合があります。

ヒリヒリと炎症が生じたり痒みが出たり、ブツブツなどの肌荒れが生じることは、決して少なくないようです。

レチノールクリームのメーカーや販売者によっては、副作用ではなく「好転反応」や「レチノイド反応」で問題なしとして、ご使用の継続をすすめている場合もあるようです。

またエステサロンさんでの施術においても、痒いと訴えても「好転反応だから大丈夫!」と、そのまま施術を継続される場合も!

そもそも「好転反応」とは化粧品で許される表現ではなく、消費者のお肌、場合によっては命を危険にさらすことです。

ですからあらゆる化粧品の注意書きには必ずといってよいほど、「お肌に異常が生じたら使用中止」といった文言が記載されています。

好転反応を見極めるには、高度な医療技術と経験が求められるため、エステティシャンさんや我々化粧品販売者ごときが対処できるものではありません。

好転反応」や「レチノイド反応」という言葉は、返品や返金を受けたくない言い訳だと思って、差し支えないでしょう。 

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの分割記事②)

   

www.alga.jp