偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

甘草(甘草根)エキス長期連用は危険というのが漢方の教え!

カテゴリ1(GKⅡの副作用)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)を有効成分とする甘草(甘草根)は、ご存知のように漢方薬の分野では長い歴史があります。

この事実を拡大解釈してのことか、甘草やカンゾウエキス(カンゾウ根エキス)は漢方薬で使用されてきたから安全等といった情報を、インターネット上でよく見かけます。

しかし漢方薬というものは、「証」が合わなければ強い副作用が出ることも珍しくありません。

漢方では甘草は、長期連用をしてはならないという、基本的な戒めがあります。

弊社アドバイザー医師によれば、長期に服用も外用もするべきでないということです。

以上のことから、何らかの目的でグリチルリチン酸ジカリウムが配合された薬用化粧水や美容液を用いる場合は、短期間のうちに使用を負えるのが安全ということになります。

同化粧品成分が配合された商材を、毎日使う化粧水に用いることは、おすすめできません。

 

この記事が読者様の、安全で快適なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事

www.alga.jp

 

乾燥肌対策とは肌上をベタベタさせるのではなく角質層を潤すこと

カテゴリ3(誤った乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

男性に比べて女性は、さっぱりサラサラタイプの保湿化粧水よりも、とろみ化粧水をお好みの傾向があるようです。

弊社アドバイザー医師によれば、肌上のベタツキと角質層内の潤いを、区別できない女性が多いとのことです。

すなわち、化粧水や美容液や保湿クリーム等のスキンケア製品を、べたつくほどお肌にたっぷり塗れば、お肌が潤っていると錯覚するということです。

そして実際には肌上のベタツキの下で、肝心の角質層内は干からびているということです。

それをごく簡単に、チェックする方法があります。

ニキビ跡の穴は別として、乾燥肌に起因する毛穴が引き締まっているか否かを、チェックしてみて下さい。

開いていればお肌のベタベタは単なるベタツキであり、塗布したローションも乳液も保湿効果がないということです。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

www.thalassotherapy.jp

グレープフルーツ種子エキス配合化粧水でアレルギー? 乾燥肌?

カテゴリ2・3(危うい敏感肌対策・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

天然由来防腐剤のグループフルーツ種子エキス(グレープフルーツシードエキス/GSE)を配合した化粧水等コスメが、パラベンフリー化粧水/化粧水だから安全といったといった宣伝文句を掲げて、インターネット上や実店舗でよく販売されています。。

そもそもグレープフルーツ種子エキスには有効な防腐効果はなく、果実に散布されている防カビ剤が種子に吸収されて、それが防腐効果をもたらすのではといった、情報もあるようです。

これが間違いの情報で、もし仮にグレープフルーツ種子エキスに確かな防腐効果があるとすれば、別の危険性が出てきます。

天然防腐剤だから安全といった根拠などなく、むしろ植物成分の多くがアレルゲン(アレルギー物質)を含有し、防腐効果が高ければ高いほど、その危険性は高まることとなります。

同様の天然保存料であるローズマリー葉エキスやラディッシュエクストラクトも、アレルギー性接触皮膚炎や重篤なアレルギーを発症することで知られています。

つまり、人類のそばで繁殖するカビや雑菌を静菌したり殺菌する力のある防腐剤は、人体にも何らかのダメージを与えるということです。

もし配合されているグレープフルーツ種子エキスの防腐効果が低い場合は、何らかの防腐対策をしなければなりません。

そういう理由により、グループフルーツ種子エキスが配合されているローション等は、極端な酸性に傾けている場合があるため、注意が必要です。

なぜなら強酸性~中酸性の化粧水をお肌に塗布すれば、確実に乾燥肌になるためです。

そういった商材の多くは、肌上が極端にべたつくほど、グリセリン等保湿剤を高配合されている傾向があるようです。

タツキの下で角質層が干からびているか否か、たとえば毛穴をチェックをしてみましょう。

角質層が本当に潤っていれば、乾燥肌に起因する毛穴の開きは改善されているはずです。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。


アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

www.alga.jp

背中ニキビ/乾燥肌やテカリの原因が合成洗剤のシャンプー?

カテゴリ3(見落としのある乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

背中が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて、テカリが出ることがあります。

ひどい場合には痒みが出たり、背中ニキビができることも!

ボディソープやボディシャンプー等の合成洗剤を使用していて背中が乾燥する場合は、純石鹸に切り替えることで、簡単に改善・解消できる場合が多いようです。

純石鹸に切り替えたけれど、背中の乾燥はあいかわらず・・・。

そのようなケースの方は洗髪用の洗浄剤として、シャンプーで洗っている場合が多いようです。

シャンプーは頭皮だけでなく、背中まで洗ってしまうからです。

そんな場合は純石鹸洗髪+クエン酸リンスが、超おすすめです。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

www.alga.jp

大根アレルギーの原因がラディッシュエクストラクト配合化粧水?

カテゴリ2(危うい敏感肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

化粧水等コスメによく配合されるパラベンを避けたいということで、天然由来の防腐剤を保存料とした化粧品をお求めの方は少なくありません。

ラディッシュエクストラクトが防腐剤として配合された、パラベンフリー化粧水などもネット上や実店舗でかけます。

ラディッシュ」とは大根のことであ大根に含まれている特定の成分を抽出したものということになります。

消費者の皆様は「天然由来だから安全!」と思われて購入されるのですが、とんでもない事態になりかねません。

化粧品を腐敗させる雑菌やカビにだけ毒性があって、人体に毒性がない防腐剤など、まず存在しません。

天然由来であったとしても優れた防腐効果があるのであれば、それは人体に対しても毒性があるということです。

ひと昔前までは考えれなかった「大根アレルギー」が、最近爆発的に増えているとお感じになりませんか?

ラディッシュエクストラクト配合ローション等を長期連用すると、経皮感作を起こすことが知られています。

お肌を通してアレルゲンが体内に入り込み、大根を経口摂取した際に、アナフィラキシーショックが生じるというものです。

天然防腐剤としてアレルギー発症事例が多いものとして、他にローズマリーエキス(ローズマリー葉エキス/ROE)配合コスメによるアレルギー性接触皮膚炎はよく知られています。

決してパラベンを肯定するわけではありませんが、結局は問題のなかったパラベン配合化粧水を使い続けていたほうがよかったといったことにもなりかねません。

逆から申し上げれば、それほどパラベンは防腐剤として、安全性が高いといえるかもしれません。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

www.alga.jp

ココログ(cocolog) 混合コンテンツながらもやっと常時SSL化!

(サイト主さま、他のブログ事業者さんのことまで記述しますが、ご容赦下さいませ。)

弊社は2009年3月よりココログ(cocolog)さんのスペースをお借りして、主として化粧品/スキンケアに関するブログを書いてまいりましたが、やっと11月に常時SSL化が完了して、ひとまずは安堵しているところです。

ココログさんは歴史が古いためか構造が複雑で、パソコンでの閲覧の場合は混合コンテンツ(混在コンテンツ/ミックスコンテンツ)になる可能性が高いようです。

スマホ閲覧の場合は、問題のある部分が読み込まれないためか、ほぼ問題はないようです。

正直なところ、個人情報を書き込むサイトでもないのに、そこまでのSSL化は必要なのかと、Googleさんの強引さにインターネット業界が振り回されている感は歪めませんが・・・。

ココログさんのスペースでは主として、弊社アドバイザー医師やお客様から頂いた情報を整理して、書いてまいりました。

そのうちアクセス数が高い記事を再度整理して、公式サイト内の美容健康情報館にアップしてまいりました。

その公式サイト内にアップした記事を要約して、こちらのHatena Blogさんのスペースにダイジェスト版としてアップしております。

なおアメブロさんのスペースもお借りしていますが、補助ブログという位置づけです。

手作り化粧水専用ブログとしてLivedoor Blogさんのスペースもお借りしていますが、常時SSL化はまだまだ先のようです。

読者様の多くの方は、お忙しいなか記事を読んで下さっていると思います。

まずは当ブログのダイジェスト版でさらなるご興味がわきましたら、リンク先の公式サイト内の記事を読んで頂ければと存じます。

アルガアイ流美容記事には、他の美容サイトでは書かれていない、独自の情報がございます。

これからもココログさんのスペースに蓄積された情報を整理して、最終的には当ブログにダイジェスト版としてアップしてまいりたいと思います。

当ブログの情報を、皆様のお肌や身体の健康維持、または無駄な出費の防止に、活用して頂ければ幸甚です。

 

 

 

 

赤ら顔・酒さ 低刺激化粧水やコンシーラー等コスメ塗布の注意点

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

弊社が手作り化粧水の材料を販売している関係上、自称「超敏感肌」のお客様より様々なご質問を頂戴します。

その他に多い事例として、「アトピー性皮膚炎」や「赤ら顔/酒さ」でお悩みのお客様より、低刺激で安全に使用できるかといったご質問です。

今回は「赤ら顔」や「酒さ」でお悩みの方向けの記事となります。

通常の出来合いの化粧水と違って、弊社製品のお薦めレシピで出来上がった化粧水はお肌がポカポカする傾向があるという情報をお伝えすると同時に、「主治医の先生とご相談の上で!」と必ずお伝えするようにしています。

なぜなら化粧品メーカー/販売者ごときが、お医者さんの真似(お医者さんごっこ)をして、「問題ありません!」などといって、お客様を危険に陥れてはならないからです。

赤ら顔/逆さの患者さんに限らず、アトピー性皮膚炎患者のお客様にも、そのようにお伝えするようにしております。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者としてとても有名)によれば、赤ら顔や酒さについては、とくにスキンケア製品の制限はないとのことです。

ただし使用する化粧水等コスメに、お肌に合わない刺激物が配合されている場合は、赤ら顔/酒さが悪化する場合があるとのことです。

天然/化学合成防腐剤や合成/天然油脂や合成界面活性剤等が、挙げられるでしょう。

また赤ら顔/酒さをカバーするための人気のコンシーラーにも、注意が必要でしょう。

たとえば大半のコンシーラーにはグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/GKⅡ)をいう甘草由来の化学物質が配合されていますが、この化粧品成分にはステロイド様作用があり、肌細胞のタンパク質を分解して皮膚を薄くするという副作用もあります。

なお同医師によれば、赤ら顔/酒さには内臓疾患等の内部的な問題の可能性があるため、大事に至る前に医療機関での適切な診察が必要であろうとのことのことでした。

 この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

www.alga.jp