偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

コロナ対策 ワクチンに過度な期待をするよりも過度な洋食を控えて和食啓蒙!

ブログカテゴリ7(その他 新型肺炎対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第7部」のうちの、一部の分割記事となります。 

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。 

 (前回の フキ摂取による感染防止効果の可能性に関する記事 よりの続き) 

 

2020年7月4日付けのココログ記事にて、当ブログで書いた記事の内容が健康雑誌最大手マキノ出版さんの「壮快2020年8月号」に掲載されたことをお伝えしました。

また2021年1月23日付けのココログ記事にて「壮快2021年2月号臨時増刊号」にも再掲載されたことも、お伝えしました。

この記事が読者様より大反響があったということで、ついに同出版社さんの人気本「ムック」本日(2021年5月25日)発刊分に再々掲載されました。

掲載されている箇所は、62~63ページ(最終ページ)です。

f:id:algai:20210526095827j:plain

梅干しを摂取することによる健康効果が、この本のテーマです。

しかしこの記事が意図することはあくまでも、梅干しを含めた和食を啓蒙することによる「厄除け」です。

これはもちろん推測によるものですが、日本人にとっての「厄」とはコロナウイルスであった可能性があります。

そう仮定するとつじつまが合う風習が、日本のあちらこちらに存在します。

和食を啓蒙することは、肥満症を含めた生活習慣病予防に有効であることを、多くの専門家の方々が指摘しています。

新型コロナウイルスに感染して重症化する方々には、肥満症である方が少なくないのも事実です。

つまり、新型コロナウイルス感染拡大防止を考えるのであれば、過度な洋食化は慎むべきともいえるでしょう。

ココログ内の関連分割記事) 

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp