偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

新型コロナワクチンと天然痘・インフルエンザ・ジフテリア等感染症のワクチンとの違い

ブログカテゴリ7(その他 新型肺炎対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第8部」のうちの、一部の分割記事となります。 

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。 

 (前回の 新型肺炎/コロナワクチンの接種義務に関する記事 よりの続き) 

ワクチン(vaccine)とはもともと、天然痘(痘瘡)の感染予防に用いられた「種痘」を意味します。

ワクチンは以下のように、いくつかの種類に分類することができます。(カッコ内は代表的な感染症名)

1.生ワクチン

種痘のように、病原性を弱めたウイルスや細菌を投与して、免疫力を獲得する方法です。(天然痘

2.不活化ワクチン

ウイルスや細菌の死骸を投与して、免疫力を獲得する方法です。(インフルエンザ)

3.トキソイド

ウイルスや細菌が作り出す毒素を弱毒化して投与し、免疫力を獲得する方法です。(ジフテリア

4. 核酸ワクチン

DNAワクチンやRNAワクチン(「メッセンジャーRNAワクチン」または「mRNAワクチン」)などがあります。(比較的新しい技法のため、適用される感染症はこれから)

以上が主だった、ワクチンの形態です。

今般の新型コロナウイルス感染症予防接種は、RNAワクチンとなります。

ウイルスの一部分を作るRNAをヒトの細胞内に送り込み、産生されたウイルスの一部分に対する免疫を獲得します。

RNAは通常は逆転写せずDNAを侵さないため、RNAワクチンは一応は、安全性が高いとされています。

しかしDNAワクチンは、ウイルスの一部分を合成するDNAそのものをヒトの細胞内に送り込み、RNAに転写させるためヒトの細胞の遺伝子情報を、組み換えてしまう危険性があるとされています。

以上が主だった、ワクチンの形態です。( 続きの記事 へ)

 

2021年6月1日付けコログ内のオリジナル記事) 

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp