偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム配合コンシーラーではターンオーバー低下してシミは消えずに残る!

ブログカテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性) 

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。 

前回の記事

コンシーラーとは不都合な部分を隠すための、ポイントメイク商材です。

このコンシーラーで隠す対象は、お顔にできたシミやニキビや、目の下にできるクマなどです。

とくに黒ずんだシミや赤みの強いニキビはファンデーションではなかなかカバーし切れないのが一般的で、コンシーラーが必要とされることとなります。

このコンシーラーを常用/長期使用される方は、決して少なくないようです。

まるで当たり前のように、毎日塗り続けるのです。

じつはここにコンシーラーには、大きな落とし穴がある場合があります。

というのも、大半のコンシーラーには血流や肌代謝/ターンオーバーを低下させる、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸二カリウム/グリチルリチン酸2K//GKⅡと同じ)が配合されているのです。

血流やターンオーバーが低下すると、シミなどが当然ながら固定化することとなり、消失などの改善は見込めないでしょう。

弊社の経験では、シミは肌代謝を低下させない化粧水でしっかり角質層内を保湿すると、綺麗に消えてしまうまたは薄くなる場合がけっこう多いようです。

 

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事 / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp