偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

自閉症等自閉スペクトラム障害とインフルエンザワクチン等の防腐剤のチメロサールとの因果関係

ブログカテゴリ7(その他 コロナワクチン等予防接種)    

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第8部」のうちの、一部の分割記事となります。 

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。 

 

コロナワクチン接種の努力義務に関するシリーズ初回記事

(前回の 持病のない若者のコロナワクチン接種の是非に関する記事 よりの続き)

 

私はワクチン反対論者でもワクチン賛成派でもありません。

政治家によっては、盲目的にコロナワクチン接種をするように呼び掛けているようです。

しかし厚生労働省はホームページにて「あくまでも、ご本人が納得した上で接種をご判断」と、わたしたち国民にしっかりした検討するようにと喚起しております。

何も考えずに安易に新型コロナワクチン接種すべきではないと、考えている一人であるだけです。

まずはお断りをさせて頂きます。

 

このシリーズ記事の結論は、前回の記事にて述べました。

今回の記事は新型コロナワクチンには配合されなかった、防腐剤のチメロサールと薬害の疑いについて、書きたいと思います。

現在日本で接種されているコロナワクチンは、チメロサールフリー(チメロサール無添加)です。

しかしインフルエンザワクチンをはじめとして、まだまだ多くのワクチンにチメロサールが保存料として配合されているため、今回の記事も追加いたしました。

以下はチメロサールがワクチンに使われ出した経緯です。

1928年にオーストラリアにて、使い残しで残っていたジフテリアワクチンを接種したところ、12人の幼子が死亡する惨事が起こりました。

そういう経緯で、開封後のワクチンに雑菌やウイルスが迷入した場合でも安全性を確保するために、ワクチンに防腐剤が配合されるようになりました。

その防腐剤として使用され始めたのが、エチル水銀化合物であるチメロサールです。

チメロサールは体内に入ると分解されて、その半分の量がエチル水銀となります。

水銀には、金属水銀、無機水銀、有機水銀の、3つの形態があります。

このうちの金属水銀は水銀単体の物質で、体温計などにも使用されており、ガス化して肺から吸収でもしない限りは、毒性はほぼ無しとされています。

無機水銀は炭素原子以外の他の原子と結びついた化合物で、多量に経口摂取した場合は消化器系や腎臓などを損傷したり最悪は死に至る場合があるものの、血液脳関門胎盤を通過することはできません。有機水銀はもっとも毒性が強いとされ、血液脳関門胎盤を通過することができ、さまざまな障害を起こすとされています。

このチメロサールはエチル水銀化合物で、体内に入るとその質量の約半分が、神経毒性のある有機水銀の一種のエチル水銀となります。

そのため、チノメサール含有ワクチンを接種した妊婦さんが出産した赤ちゃんや、チノメサール含有ワクチンを接種した乳幼児が自閉スペクトラム症自閉症スペクトラム障害)を発症すると、原因はワクチンに含まれるチノメサールではないのではと、米国で大騒ぎとなりました。

米国ほどではありませんが、やはり日本でもチメロサール自閉症スペクトラムの因果関係は、おおいに疑われていました。

この件に関してインターネット上で検索すると、エチル水銀の毒性が低いといった情報や、チメロサール自閉スペクトラム症発症の因果関係を否定する情報が、圧倒的に多いようです。

 

チメロサールはエチル水銀化合物であり、水俣病の原因物質となった危険なメチル水銀とは異なる。

② マグロを1カン食べるだけで、インフルエンザワクチン4本を一度に接種したのと同量の水銀を体内に取り入れていることになる。加えてその魚介類に含まれる水銀は、ワクチンに含まれる水銀よりも毒性が高い。

③ エチル水銀の血中濃度半減期は1週間未満、1か月で1/30、2ヵ月後は1/500以下だが、メチル水銀の体内からの排出は6~10倍遅い。

チメロサール自閉スペクトラム症になるというのは、ワクチン反対運動家のデマ。

このチメロサールの安全性に関して厚生労働省のホームページをみてみると、以下のような記載が見つかります。

チメロサールは、体内でエチル水銀とチオサリチレートに分解される。エチル水銀は、水俣病の原因となり神経系障害を引き起こすことが知られているメチル水銀と同じ有機水銀であるが、血中濃度半減期メチル水銀と比較して短いとの報告もあり、体内からの消失はメチル水銀より速やかであると考えられる。

チメロサール自閉症発達障害との関連については種々の研究報告があるが、主要なものについては、米国 IOM(Institute of Medicine)の 2004 年の調査報告書において網羅的に評価されており、下記の通り結論されている。

チメロサール含有ワクチンと自閉症との因果関係は、得られている根拠からは否定されるものである。

チメロサール自閉症が関係するという生物学的メカニズムに関する仮説は単なる仮説にすぎない。

上記のIOMによる結論をWHO(世界保健機構)も採用し、「チメロサール自閉症スペクトラムを引き起こした根拠はない。」との声明を発しています。

ここで大事なことですが、IMOもWHOも厚生労働省チメロサールの安全宣言をしたわけではなく、自閉症を引き起こした可能性を否定しているわけでもありません。

チメロサール自閉スペクトラム症発症との因果関係を主張する研究に、欠陥があったり非科学的、非生物学的な部分があり、主張が認められなかっただけのことで、未知の因果関係の存在の可能性までは否定されていません。

なぜならエチル水銀の毒性は、ほとんど未解明というのが実態です。

またエチル水銀をメチル水銀より安全などと、WHOが言っているわけでもありません。

ですから水俣病の原因物質であったメチル水銀よりも、ほんとうは毒性が強い可能性もあるわけです。

もしそうであれば、マグロに含まれるメチル水銀の量とワクチンに含まれるエチル水銀の量を比較すること自体も、ナンセンスということになります。

じつは上記①や②の主張は、お医者さん/医療機関のホームページに書かれている場合が意外と多いのです。

毒性がわからないのであれば、とりあえず安全と考えるべきだといった風潮は、たいへん危険だと思います。

なお①に関してですが、エチル水銀も水俣病と同様の症状を引き起こすことが、すでに確認されています。下記は熊本学園大学に所蔵されている、熊本大学病理部の研究レポートです。

森川信博、武内忠男(熊本大学病理学)は1961年に妊娠ネコに1日2.0∼​3.0mg/kgのエチル水銀を毎日経口投与すると25日目ころより親ネコに. 症状がみられ、33日目に生まれた仔ネコに失調性歩行がみられ、3ヶ月後に剖検して小脳顆粒細胞萎縮、Purkinje細胞推移障害、大脳皮質神経細胞構. 築の異常など水俣病の病変を確認している。

③に関してですが、これは厚生労働省のホームページに記載されている、「血中濃度半減期メチル水銀と比較して短いとの報告もあり、体内からの消失はメチル水銀より速やかであると考えられる。」の部分を具体的に示したものでしょう。

しかし血中濃度半減期は第一幕に過ぎず、続く第二幕があります。

以下はアメリカ国立医学図書館傘下の国立生物工学情報センター(NCBI)で所蔵されている「チメロサールと動物の脳:ヒトのエチル水銀リスクを評価するための新しいデータ」と題された論文です。

この実験では41匹の猿にチメロサール(エチル水銀)とメチル水銀を投与し、体内の総水銀量の比較をしました。この論文は2005年に発表されていることから、前出の2004年のIOMのチメロサールの安全性についての声明に、警鐘を鳴らすようにも見受けられます。文献です。毎度のことながらお断りをさせて頂きますが、当然のことですが、ガセネタではありません。

チメロサールに曝露されたサルでは、血中の総水銀は投与間で急速に減少し、研究者らは(エチル水銀の)体外排出がメチル水銀群よりも5.4倍速いと推定した。チメロサール群では血中の総水銀の半減期は6.9日でしたが、メチル水銀群では19.1日だった。 -(中略)- 総水銀の脳内濃度は、メチル水銀群よりもチメロサール群は約3〜4倍低く、総水銀はチメロサール群でより早く消失した(半減期は24.2日:59.5日)。」

(原文)
Among thimerosal-exposed monkeys, total mercury in blood declined rapidly between doses, and the researchers estimated clearance to be 5.4-fold higher than in the methylmercury group. In the thimerosal group, the half-life of total mercury in blood was 6.9 days, compared to 19.1 days for the methylmercury group. -(中略)- Brain concentrations of total mercury were approximately 3–4 times lower in the thimerosal group than in the methylmercury group, and total mercury cleared more rapidly in the thimerosal group (with a half-life of 24.2 days versus 59.5 days).

ここまでは、先述の厚生労働省のホームページ書かれていたことや②と、類似した結果が出ています。

問題はここからで、下記の結果へと続きます。

「ただし、脳内の無機水銀の割合は、メチル水銀グループ(6〜10%)と比較して、チメロサールグループ(総水銀の21〜86%)ではるかに高かった。無機水銀の脳内濃度は、メチル水銀群と比較してチメロサール群で約2倍高かった。無機水銀は有機水銀よりもはるかに長く脳内に留まり、推定半減期は1年以上である。無機水銀が発達中の脳に何らかのリスクをもたらすかどうかは現在のところ不明である。」

(原文)
However, the proportion of inorganic mercury in the brain was much higher in the thimerosal group (21–86% of total mercury) compared to the methylmercury group (6–10%). Brain concentrations of inorganic mercury were approximately twice as high in the thimerosal group compared to the methylmercury group. Inorganic mercury remains in the brain much longer than organic mercury, with an estimated half-life of more than a year. It’s not currently known whether inorganic mercury presents any risk to the developing brain.

以上のように、メチル水銀投与よりエチル水銀(チメロサール)投与のほうが、脳内の無機水銀の量を2倍に引き上げてしまうことが確認されています。

そして脳内で増えた無機水銀は、1年たってやっと半分になるというものです。

そもそも無機水銀の毒性がそれほど懸念されないのは、血液脳関門胎盤を通過できなからです。

血液脳関門胎盤が無機水銀を通過させないのは、過剰な無機水銀が有機水銀以上に脳に悪影響を与えるのではという推測も成り立ちます。

この論文の前書き部分に、「米国では新生児が生まれてから2年の間に、20回もの予防接種を受ける可能性がある。(During their first two years, children in the United States may receive more than 20 routine vaccinations.)と記述されています。

つまり米国では赤ちゃんは、平均で約36日毎に次から次へとチメロサール入りのワクチンを接種され、赤ちゃんの脳内の無機水銀濃度がどんどん上昇していた可能性があるわけです。

そして私がイチバン懸念することは、基本的にはエチル水銀は人工的に化学合成されたものであって、自然界にはほとんど存在しないということです。

いっぽうメチル水銀は太古の昔より、自然界に存在していた物質であり、今も微生物などにより産生されています。

つまりメチル水銀は本来は、人類が慣れ親しんでいる安全性の高い物質である可能性があります。極端な高濃度のメチル水銀の環境が人工的に作られたため、水俣病が発生したとも考えられます。

ヒトは何らかの物質で中毒や健康被害が生じれば、その物質は毒素と呼ぶ傾向があります。しかし毒素と栄養素は、紙一重という場合が多々あります。

人類は魚類を食することによって、安全な化合物であるメチル水銀を適量に、栄養摂取してきたとも考えることも、可能だというわけです。

厚生労働省は妊娠中または妊娠の可能性のある女性に対して、キンメダイやカジキ、マグロなどの魚類、クジラ、イルカなどの海棲哺乳類の摂取量や回数を制限するように注意喚起しています。

しかしもしエチル水銀とメチル水銀に相乗毒性があるならば、チメロサール含有ワクチンを接種しないのであれば、制限する必要がない可能性もあるわけです。

チメロサール自閉スペクトラム症との因果関係は、適切には証明されていないようです。

しかし自然界にほとんど存在せず人類が化学合成したエチル水銀の危険性が、これまで人類が慣れ親しんできたメチル水銀よりも大きい可能性は、おおいにあるといえるでしょう。( 続きの記事 へ)

 

2021年6月19日付けコログ内のオリジナル記事) 

アメブロ関連記事)

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp