偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

種痘禍事件や京都・島根ジフテリア予防接種禍事件等ワクチン副反応による大規模死亡事故は風化されようとしている…

ブログカテゴリ7(その他 コロナワクチン等予防接種)

 この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第8部」のうちの、一部の分割記事となります。 

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。 

 

コロナワクチン接種の努力義務に関するシリーズ初回記事) 

(前回の 日本における種痘の現実に関する記事 よりの続き)  

 

私はワクチン反対論者でもワクチン賛成派でもありません。

政治家によっては、盲目的にコロナワクチン接種をするように呼び掛けているようです。

しかし厚生労働省はホームページにて「あくまでも、ご本人が納得した上で接種をご判断」と、わたしたち国民にしっかりした検討するようにと喚起しております。

何も考えずに安易に新型コロナワクチン接種すべきではないと、考えている一人であるだけです。

まずはお断りをさせて頂きます。

 

第二次世界大戦後は、明治時代からなかば強制的であった種痘は、第二次世界大戦後の1948年にGHQ主導によって、罰則付きの包括的な義務規定を有する予防接種法が制定されました。

世界にも類をみない予防接種の義務化であり、種痘接種は完全に強制的となりました。

しかしその当時の日本の天然痘の発生率は、米国よりも低かったということが、WHOの1944年の統計によりわかっています。

その法律が成立する前後に、日本のワクチン史上最悪ともいえる、2つの大きな事故が起こりました。

1947年と1948年の2年間で発生した患者数である405名よりも、2年間の副反応(種痘後脳炎)による犠牲者の数が、大きく上回ってしまったという、「種痘禍事件」です。

もうひとつは1948年に発生した「京都・島根ジフテリア予防接種禍事件」です。

京都市内だけをみると、予防接種を受けた15561名のうち、606名に重度の副反応が発生、そのうち68名の乳幼児が不幸にして死亡しました。

島根を合わせると、被害者は合計930名、うち死亡者は82名でした。

ジェンナーの種痘は、教科書にも紹介されます。

イタイイタイ病水俣病などの公害なども、然りです。

しかし近代ワクチン史上稀に見る大惨事といってもよい「種痘禍事件」や「京都・島根ジフテリア予防接種禍事件」は、私たちは義務教育で学ぶ機会は与えられませんでした。

日本に対する誤った施策や指導によって災害が発生したのであれば、日本国または米国はそれは明らかにすべきでしょう。

これらワクチンによる大惨事があったことを、日本の国民から遠ざけようとするのは、もやはウソをつくことと同じことです。

ワクチン安全神話の保持のためでは?

そう疑えてきます。

それは初回記事の、マスコミによるウソの報道にも繋がっているのようにさえ、思えてきます。

 

続きの記事 へ)

2021年6月14日付けコログ内のオリジナル記事) 

アメブロ関連記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp