偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合お尻拭きが赤ちゃんのお尻の黒ずみやアレルギー発症の原因?

ブログカテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性) 

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

前回の記事) 

知らないうちに赤ちゃんやお子さんのお尻が黒ずんでしまい、その原因でお悩みのお母さまは結構いらっしゃるようです。 

その一つとして考えられるのが、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を配合した、お尻拭きやウェットティッシュです。

配合されているパラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤不使用のみに注意を払いがちで、グリチルリチン酸ジカリウムの安全性は見落としがちのようです。

赤ちゃんのお肌はとても弱くて敏感です。

グリチルリチン酸ジカリウムのお尻拭きへの配合目的は、過去の記事にてご説明させていただいたように、この化粧品成分がもつ抗炎症作用を利用して、大切な赤ちゃんの弱いお肌(超敏感肌)のカブレ等肌トラブルを回避するためです。

「お肌をいたわる安心の植物由来成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合」などと宣伝されています。

しかしこのグリチルリチン酸ジカリウムを含んだウェットティッシュで毎日何回もお尻を拭けば、別の過去の記事に記述したように、お肌の血行や肌代謝/ターンオーバーが低下してしまいます。

赤ちゃんのお肌は脆くなると同時に黒ずむのは、必至でしょう。

赤ちゃんであっても成人であっても、グリチルリチン酸ジカリウムによって得られる敏感肌用/低刺激性には、大きな代償が必要となります。

もし読者様の大切な赤ちゃんのお尻が黒ずんでいて、かつグリチルリチン酸ジカリウム配合お尻ふきをお使いの場合は、そのお尻ふきのご使用を中止してみることが、解決策となり得ます。

赤ちゃんのお尻の黒ずみで悩まれていた弊社のお客様に、そのことをご提案して実践された結果、解決した事例もあります。

お尻拭き以外にも、ベビー用石鹸などのベビー用品には意外なほど、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

そしてもうひとつ大事なことは、赤ちゃんの被害がお尻の黒ずみだけにとどまらないリスクも、考えておくべきでしょう。

別の過去の記事に記述したように、グリチルリチン酸ジカリウムは免疫抑制作用があります。

すなわち、赤ちゃんの体内に入ってはならない毒物やアレルギー物質/アレルゲンが、防御力を失ったお肌を通してスルリと侵入してしまう危険性があるわけです。

昨今の赤ちゃんのアレルギー発症の増加は、このことと無縁でないかもしれません。

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事 / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp