偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム配合薬用化粧水でニキビが悪化するメカニズム

カテゴリ1(グリチルリチン酸2K長期連用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。。。

ニキビケアとしてグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を有効成分とする薬用化粧水を長期連用すると、ニキビが悪化する危険性があるようです。

この有効成分には抗炎症作用があり、それでニキビを大きくしないような効果が期待できるわけですが、同時に免疫抑制作用もあります。

免疫力が低下すれば当然ながら、ニキビ菌やアクネ菌に対する抵抗力が低下する危険性があります。

イチバン危惧すべきことは、肌上の日和見菌がニキビ菌やアクネ菌に寝返りすることです。

そうなってしまえばお肌の上で菌による反乱が勃発し、ニキビが悪化することとなります。 

この記事が読者様の、快適で安全なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

ココログ縮小版記事

アメブロの類似記事

Blogger縮小版記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

www.alga.jp