偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム配合薬用シャンプーで頭皮が脆弱化?

カテゴリ1(グリチルリチン酸ジカリウムの副作用)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

薬用シャンプー等のスカルプケア製品で、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)を有効成分として配合した商材は人気のようです。

炎症や痒みやフケを抑えて頭皮を健やかに保つ」等の宣伝がなされています。

確かに炎症が生じている時には有効かもしれませんが、長期連用は危険がともないます。

なぜなら抗炎症作用とは免疫抑制作用であり、頭皮が雑菌などに対して弱くなる等の問題が生じるからです。

この化粧品成分は肌代謝や血行を阻害するため、フケが出にくくなるのは当然のことでしょう。

代謝が行われなければ、フケは出ようにも出ることができませんので!

なお、グリチルリチン酸配合シャンプーを配合した薬用シャンプーで、頭皮が脆くなる事例も発生しているようです。

これはステロイド様作用による、典型的な副作用の事例のようです。

この記事は読者様の、快適で安全なスカルプケアの、一助となれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

 

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp