偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

ヤシノミ洗剤は敏感肌やアトピー性皮膚炎に低刺激で毒性のない安全な天然由来の合成洗剤?

ブログカテゴリ2(危うい敏感肌対策)      

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクを押下して下さい。

もう8年近く前のことになりますが、あるアトピー性皮膚炎の患者さん団体の理事長さん(故人)より、2冊の本を手渡されました。 

その本は洗剤に関する本で、そのうちの1冊はシャボン玉石鹸の元社長様(故人)が書かれたものでした。

早速その本を拝読したわけですが、書かれている内容にたいへん驚きました。

その本では洗濯用洗剤や食器用洗剤(台所用洗剤)の安全性がAランク(無害)からEランク(極めて有害)の5段階に分けられていたのですが、なんと、あれほど安全で且つ自然派と宣伝されていたヤシノミ洗剤(アルカノールアミド主剤)が、Dランク(非常に有害)にランク付けされていたのです。

アメリカ資本の有名なマルチ商法の同様の自然派洗剤は、Eランク(極めて有害)でした。

いっぽう大手メーカーさんの合成洗剤は概ね、Bランク(やや有害)からCランク(有害)です。

上記のランク付けを整理すると、下記のようになります。

石鹸洗剤 > 大手さんの合成洗剤 > 椰子の実洗剤

ヤシノミ洗剤は植物性と宣伝されていますが、実際は植物性ではなく、植物性油脂を化学合成した合成洗剤です。

植物性の界面活性剤とは、たとえばムクロジ(無患子)などを指します。

アトピー性皮膚炎の患者さんの間では、このヤシノミ洗剤はあまり評判がよくなかったようです。

アトピー肌の場合は肌バリアが弱く、ヤシノミ洗剤の残留洗剤を経皮摂取することも、かなり懸念されているようでした。

石油から作られる合成界面活性剤よりも植物から作られる合成界面活性剤のほうが安全といったご意見もあるようですが、そのような根拠はまったくありません。

むしろ石油から合成される合成界面活性剤のほうが歴史が古い分、危険な成分は淘汰されてしまっています。

しかし自然派にこだわって植物油脂から新たに合成される合成界面活性剤は、どうしても未知の危険性を排除することはできないでしょう。

なお弊社アドバイザー医師(代替医療の第一人者として有名)によれば、石鹸洗剤のご使用時はさらにお湯ですすぐと、とてもお肌に優しくなるとのことです。

弊社アドバイザー医師は、アトピー治療でもとても有名ですので、ぜひご参考下さいませ。

余談ですが、前出の理事長さんは弊社アドバイザー医師を、とても信頼されていました。

なお弊社は洗剤を販売しておらず、スキンケア製品のJANコードメーカー(発売元)ですが、トータルでスキンケアを考えております。

 

この記事が読者様の、催奇性物質や発がん性物質を避けるための、ご参考になれば幸甚です。


アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

  

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

www.alga.jp