偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

クレンジングシート 落ちる・落ちないより肌負担を考えるべき!

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

急なお泊りなどでクレンジングオイルや洗顔フォームをお持ちでない場合などに、コンビニショップさんでクレンジングシートを購入して間に合わせる方も多いと思います。

メイクをよく落としておかないと、お布団や枕カバー等を汚してしまうので、マナーとしては大切なことでしょう。 

しかしクレンジングシートを間に合わせではなく、毎日お使いの方も、なかにはいらっしゃるようです。

毎日お使いなる理由は、お肌が滑らかになってしっとり潤いというのが、理由のようです。

滑らかに感じるのが、エチルヘキサン酸セチルといったメイクを溶かす溶剤が、エモリエント剤としても機能するからです。

野球のグローブやミットに機械油のようなエモリエント剤を塗ると、柔らかく使いやすくなりますが、その理屈と同じです。

しかしエモリエント剤には、潤い効果はありません。

ぜひ確かめて頂きたいのですが、毛穴は閉じていますか?

中にはお肌が丈夫で、どんな溶剤や合成界面活性剤でも肌ダメージを受けにくい方もいらっしゃるようですが、たいていの方はお肌が乾燥して、毛穴は開きっぱなしとなってしまいます。

もし毛穴が開いていたら、そのクレンジングシートの潤い効果はゼロです。

ニキビ跡の穴は別として、潤えば毛穴は閉じます。

そもそもメイク落としでは、溶剤や合成界面活性剤を洗い流すための、大量の水が必要です。

これらの刺激物はお肌の上に残留したままでお肌が極度に乾燥しているのであれば、肌荒れを起こしても不思議はないでしょう。

 

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp