偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムの免疫抑制作用の危険性

カテゴリ1(偽美白効果の副作用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)には、優れた抗アレルギー作用や抗炎症作用があります。

しかし炎症やアレルギーは本来、人体を防衛するための自己免疫作用です。

要するにグリチルリチン酸ジカリウムには、免疫力を低下させる働きがあるということです。

免疫力が低下すればお肌は防御力を失い、アレルゲン等の毒性のある化学物質を、経皮摂取させてしまうことになります。

いわゆる経皮感作の危険性です。

平成の御代には、薬用化粧品による大きな薬用化粧品事故が、2回もありました。

薬用美白石鹸による小麦アレルギーと、薬用美白化粧水によるロドデノール白斑事故です。

どちらのスキンケア製品も、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていました。

もちろんあってはならないことですが、類似する化粧品事故が発生する可能性が、懸念されます。

そういうわけで、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されたスキンケア製品には、注意をしておくべきでしょう。

また、グリチルリチン酸ジカリウム配合コスメ等は、長期連用すべきではありません。

 

この記事が読者様の、快適で安全なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp