偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

手作り化粧水 カンゾウ根エキス配合美白化粧水で肌がたるみシワだらけ?

カテゴリ1(偽美白効果の副作用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。。

甘草から抽出したカンゾウエキス(カンゾウ根エキス)を配合した、手作り化粧水が人気のようです。

手作り化粧水の原料を販売しているインターネットでは、甘草エキスを配合した美白化粧水の手作りをおすすめしているようです。

またお決まりのように、甘草は漢方で使用されてきたハーブだから、安心・安全といった宣伝文句もあるようです。

しかしこれを信じて手作りした美白化粧水をずっと使い続けるのは危険!

カンゾウエキスの有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)には、血行を阻害してお肌を白く見せる効果があります。

しかし血行が阻害されるとうことは汚肌になるということで、大なり小なり確実にお肌がくすんできたり黒ずんできます。

そしてお肌から弾力を奪い、シワが増えたり深くなったり、頬や首周りのたるみがひどくなる疑いさえも!

この記事が読者様の、快適で安全なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

  www.alga.jp