偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

しみ/シミや黒ずみ・くすみの原因 解消/改善できない原因はグリチルリチン酸ジカリウム?

カテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

前回の記事) 

グリチルリチン酸ジカリウム配合美白化粧水等コスメや、グリチルリチン酸二カリウム配合美白化粧品をお肌に塗布して、血の気が引いたような病的な白さが保たれている間は、お肌の血行が極端に低下していることになります。

血行/血流が極端低下すると当然ながら肌デトックスは低下し、老廃物が皮膚組織や皮膚の下ににたまることになります。

お肌に老廃物がたまるわけですから、当然ながらくすみ肌や黒ずみ肌の原因となるでしょう。

またお顔にシミができた場合でも、とても消えにくくなるでしょう。

なぜならシミの解消・解消には、充分な血行が不可欠だからです。

弊社の経験では、グリチルリチン酸ジカリウム不使用コスメを使用するなどしてお肌の血流改善がなされると、シミは消失したり薄くなります。

これは稀なケースとうわけではなく、弊社製品をご使用のお客様よりもよくうかがうお話です。それも目に見えての、改善効果があるようです。

 

なお、グリチルリチン酸ジカリウム,配合品で実際にお肌のトラブルに見舞われた女性の記事はコチラです。

もともと透明感のある綺麗なお肌をしていたのですが、化粧ののりがだんたんと悪くなり、最後はお顔にセルライトができてしまいました。(続きの記事へ)

この記事がご参考となれば幸甚です。

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事 / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp