偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

敏感肌やアレルギー体質にはグリチルリチン酸ジカリウム(二カリウム)配合コスメが安全?

カテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性)  

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。 

前回の記事)  

コスメメーカーが化粧水等コスメや薬用化粧水等医薬部外品にグリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウムを配合する主たる目的は、抗炎症効果です。

その化粧品や薬用化粧品に含まれている他の化粧品成分の刺激によって引き起こされる、肌荒れの防止です。

この成分がもつ血流抑制作用や免疫抑制作用で、肌荒れを抑え込むことが可能というメリットがあります。

一般的にはグリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウムは、お肌が弱い敏感肌の方やアレルギー体質に方には、心強い味方ともいえるでしょう。 

しかしこれはコスメメーカー側から見れば、化粧品や薬用化粧品を誰のお肌にも合うようにする、大衆化するというメリットです。

化粧品メーカー側としては、大量生産でコストを下げるために、万人受けする製品を製造する必要があります。

単純な配合だけでは消費者の目には魅力的な製品とは映らないため、全成分中に話題の美肌成分などを微量でもよいから豪華に配合して、できるだけゴージャスな雰囲気を作り上げる必要があります。

大半の女性はゴージャスさや贅沢さを感じることで、お肌が美しくなる錯覚を覚えるようです。

しかし配合成分の種類が増えるれば増えるほど、刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎等の肌トラブルの危険性は高まります。

ほんの微量のアレルゲンであってもです。 

そこで便利な道具として配合されるのが、このグリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸二カリウムというわけです。

この化粧品成分にはステロイド剤に似た働き(ステロイド様作用)があり、血管を収縮させて血行を抑える作用があります。

化粧水等コスメに含有されている美肌成分でアレルギー性皮膚炎が生じた場合は、塗布した部位に血行不全を生じさせることにより、その炎症を抑え込んだり軽微にする効果があるわけです。

この記事がご参考となれば幸甚です。

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事 / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp