偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

お尻拭きやウェットタオルが赤ちゃんや乳幼児のお尻の黒ずみの原因?

カテゴリ1(グリチルリチン酸ジカリウムの副作用)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

乳幼児や赤ちゃんのお尻が黒ずんでいることで、お悩みのママは少なくないようです。

もしお使いのお尻拭きやウエットタオルにグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)を配合されている場合は、その製品のご使用の一時中止をご提案致します。

同化粧品成分には抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、敏感肌である赤ちゃんには適しているようにみえます。

製品によっては、「赤ちゃんのお肌を優しくいたわる安心の植物由来成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合」などといった宣伝文句も見かけます。

しかしその敏感肌対策としての代償が大きくなる可能性があり、肌代謝や血流を阻害して、くすみや黒ずみのある脆いお肌に変えてしまう危険性があります。

この副作用は大人の場合も同様で、同化粧品成分配合化粧水を塗布すれば、大なり小なりくすみ肌・黒ずみ肌・老化肌へと導かれます。

なおこのグリチルリチン酸ジカリウムはお尻ふきだけでなく、意外なほどさまざまなベビー用品に配合されるようです。

たとえ「無添加ベビー石鹸」とパッケージに大きく書かれていても、同化粧品成分が配合されていないか注意しましょう。

同化粧品成分がもつ免疫抑制作用が、子供アトピー発症につながる危険性もあるようです。

この記事が読者様の大切な赤ちゃんの安全確保の、一助となれば幸いです。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

www.thalassotherapy.co.jp