偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

赤ら顔・酒さ 低刺激化粧水やコンシーラー等コスメ塗布の注意点

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

弊社が手作り化粧水の材料を販売している関係上、自称「超敏感肌」のお客様より様々なご質問を頂戴します。

その他に多い事例として、「アトピー性皮膚炎」や「赤ら顔/酒さ」でお悩みのお客様より、低刺激で安全に使用できるかといったご質問です。

今回は「赤ら顔」や「酒さ」でお悩みの方向けの記事となります。

通常の出来合いの化粧水と違って、弊社製品のお薦めレシピで出来上がった化粧水はお肌がポカポカする傾向があるという情報をお伝えすると同時に、「主治医の先生とご相談の上で!」と必ずお伝えするようにしています。

なぜなら化粧品メーカー/販売者ごときが、お医者さんの真似(お医者さんごっこ)をして、「問題ありません!」などといって、お客様を危険に陥れてはならないからです。

赤ら顔/逆さの患者さんに限らず、アトピー性皮膚炎患者のお客様にも、そのようにお伝えするようにしております。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者としてとても有名)によれば、赤ら顔や酒さについては、とくにスキンケア製品の制限はないとのことです。

ただし使用する化粧水等コスメに、お肌に合わない刺激物が配合されている場合は、赤ら顔/酒さが悪化する場合があるとのことです。

天然/化学合成防腐剤や合成/天然油脂や合成界面活性剤等が、挙げられるでしょう。

また赤ら顔/酒さをカバーするための人気のコンシーラーにも、注意が必要でしょう。

たとえば大半のコンシーラーにはグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/GKⅡ)をいう甘草由来の化学物質が配合されていますが、この化粧品成分にはステロイド様作用があり、肌細胞のタンパク質を分解して皮膚を薄くするという副作用もあります。

なお同医師によれば、赤ら顔/酒さには内臓疾患等の内部的な問題の可能性があるため、大事に至る前に医療機関での適切な診察が必要であろうとのことのことでした。

 この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロの関連記事

ココログの関連記事

 

www.alga.jp