偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

薬用美白化粧水の長期使用でシミ(色素沈着)だらけ?

カテゴリ1(グリチルリチン酸ジカリウムの副作用)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ)には、シミ(色素沈着)取り効果やシミ防止効果があるといった情報を、ネット上の美容サイトや化粧品/コスメのオンラインショップでよく見かけます。

このグリチルリチン酸ジカリウムに関してシミ改善に関する効果がいろいろと書かれているようですが、最大公約数的な効果として、シミの原因となる炎症を抑える効果があるというのがその根拠のようです。。

たしかにお肌に炎症が生じればシミができるというのは誤りではないでしょうが、ここには大きな矛盾点があります。

つまり同化粧品成分には、シミ取り効果やシミ防止効果を求めるのは、間違いということです。

しみは色調により、茶しみ(茶色シミ)、こげ茶しみ(こげ茶色シミ)黒しみ(黒色シミ)、灰色シミ、青シミといったものがあります。。

これらのうちの灰色しみと青しみは、真皮の中に沈着していて、その他は表皮(基底層~角質層)に存在すると言われています。

真皮の中に出来上がってしまった灰色のシミや青いシミは、通常は取り除くことが難しいとされています。

しかし表皮の中に存在する茶色のシミやこげ茶色のシミや黒いシミは、弊社での経験でのことですが、不適切なスキンケアさえしなければ、比較的簡単に消えたり薄くなるようです。

なぜなら基底層から角質層にかけては、健康なお肌ではターンオーバー(新陳代謝/肌代謝)が活発であり、シミは垢とともに排出されることになるからです。

この大切なお肌のターンオーバーを阻害してしまう、シミ改善の大敵ともいえる化粧品成分があります。 

その代表格ともいえる美容成分が、じつはこのグリチルリチン酸ジカリウムなのです。

この化粧品成分配合化粧水や美容液等コスメを使い続けると、まちがいなく色素沈着の改善は遅れます。

あらたなシミはまた発生してくる可能性があるわけですから、結局お肌はシミだらけになってしまう危険性があるのです。

弊社は手作り化粧水の材料を販売している関係上、肌トラブルでお悩みのお客様からさまざまな体験談や情報を頂戴いたします。

シミでお悩みの方でグリチルリチン酸ジカリウム配合コスメをお使いの方は、決して少なくないのです。

グリチルリチン酸ジカリウム不使用のおすすめレシピで出来上がった手作り化粧水を使い始めてから、シミが薄くなったり消えてしまったお客様は、たくさんおられます。

これは弊社製品の効果というわけでなく、「脱グリチルリチン酸ジカリウム」をした結果というわけです。

以上のようにグリチルリチン酸ジカリウムは、シミ対策にはなり得ません。

シミでお悩みであれば、まずはグリチルリチン酸ジカリウム配合コスメの使用を、中止すべきでしょう。

とくに薬用美白化粧水等の長期使用(常用)でシミが増えてきた場合は、要注意といえるでしょう。

 

ココログ内の関連記事

アメブロ内の関連記事

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

www.alga.jp