偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸二カリウム)は老化肌の原因に!

カテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性) 

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

前回の記事

糖尿病患者さんの体内では血糖値が上昇し、溢れた余分な糖分が全身のいたる箇所を傷つけることが知られています。

お肌も例外ではなく、お医者さんによってはお肌の弾力/ハリをチェックすることで、糖尿病の病状の進行状態を推し量ることがよくあるようです。

お肌がハリ/弾力を失うのは、糖化作用(メイラード反応)によるものです。

行き場を失った遊離等が、皮膚組織内のタンパク質と結びつくわけです。

糖尿病患者さんの場合は免疫力が低下しているため、皮膚組織の壊死にも直結するようです。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ/医薬部外品ではグリチルリチン酸二カリウムと表示)が配合された化粧水等化粧品が塗布された部位は、その皮膚内部で活性型コルチゾールが増え過ぎたままとなってしまいます。

その結果糖分は肌細胞と結びついて大量の最終糖化産物(AGEs)を生成してしまうというというわけです。

言い換えれば、グリチルリチン酸ジカリウムが肌細胞内のメイラード反応を促し、皮膚組織を老化させるということです。

また、グリチルリチン酸ジカリウムは、肌内部のタンパク質を分解して糖化するため、お肌を薄くしてしまうリスクもありあります。

以上のことから、グリチルリチン酸ジカリウム配合化粧品を常用/長期使用すると、血行不全効果や肌代謝不全効果による肌老化を招くばかりでなく、糖化作用によって老化肌を招く危険性があります。

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事 / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp