偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

海藻パック(タラソパック/アルゲパック)で発がんする危険性?

カテゴリ6(その他)


この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版です。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

海藻を配合したタラソパック(タラソテラピー海藻パック)を使用すると、ヨード(ヨウ素)の過剰摂取で発がんする危険性が高いとお考えの方は、少なからずおられるようです。

これは2012年4月11日に発生した「コンブやワカメなどの食用海藻を頻繁に食べると発がんリスクアップ」研究論文の発表が、大きく影響していると推察されます。

ヨードが経皮摂取されることは、まず間違いのないことでしょう。

そういったこともあって弊社では事件(論文発表)発生以前より、ヨード含有量た高いラミナリア・ディギタータ(真昆布の近似種)配合の緑色海藻パックではなく、穏やかな海藻を主要成分とした非緑色海藻パックを販売しております。

しかし実際はヨードの経皮摂取は、それほど気にしなくともよろしいようです。

弊社アドバイザー医師によれば、ヨードの経皮摂取で健康被害が生じたといった事故例は、海外でも発生していないとのことです。

日本人は外国人よりも比較的ヨードに対して強いため、気にしすぎてストレスがたまるほうが、発がんのリスクが高くなるかもしれません。

そういう意味で、非緑色海藻パックに限らず、ヨード含有量が高い緑色海藻パックを適度にお使い頂くことで、大きな危険性があるとはいえないでしょう。

ホームエステまたはエステサロンさんでご安心のうえ、美肌効果の高い海藻パックの施術を、お楽しみ下さいませ。

この記事が読者様のお肌の健康維持と、お悩みの解決のお役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

 

www.alga.jp

ニガリ/にがり 温泉効果のない低品質苦汁入浴剤でアトピーケア?

カテゴリ3(間違った乾燥肌対策/お財布の中身の浪費)

この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版です。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

にがり(ニガリ/苦汁)には大きく分けて、精製度が低く他の海洋ミネラルも豊富に含んでいる「粗製海水塩化マグネシウム」と、純度が高い単なる「塩化マグネシウム」です。

組成海水塩化マグネシウムはも塩化マグネシウムも豆腐に苦汁として使用されますが、通常は粗製海水塩化マグネシウムが使用される豆腐のほうが、他のミネラルも豊富なため美味で高価です。

またスキンケアとしても、粗製海水塩化マグネシウムのほうがはるかに保湿効果も高く有益です。

価格的な点でひとことでいえば、粗製海水塩化マグネシウムは高価であり、単なる塩化マグネシウムは超安価です。

見分け方ですが・・・。

弊社が知る限りでは、国産品であれば粗製海水塩化マグネシウムは液体で販売されており、粉末/結晶状のものはありません。

いっぽう単なる塩化マグネシウムの場合は結晶状またはフレーク状です。

冬季に降雪地域の道路の脇に設置されている融雪剤と、規格基準こそ違えどもじつは中身は同じなのです。

融雪剤は25kg入りで3000円~4000円程度で、キログラム当たり200円程度といったところでしょう。

この安価なニガリの結晶(フレーク状またはウェハー状)を500gや1kg入りに小分けして、入浴剤として形を変えてインターネット上で2000円~3000円で販売されています。

なかにはアトピー性皮膚炎の保湿に効果ありといった感じで、少々やりすぎなような・・・。

この2つのニガリを区別することが、何よりも肝要と考えられます。

 

この記事が読者様のお肌の健康と、お財布の中身の節約の、お役に立てれば幸甚です。

ココログ内の関連記事

アメブロ内の関連記事

 

www.alga.jp

いちご鼻対策 鼻パックやスクラブ石鹸での角質ケアは逆効果

カテゴリ2(誤った乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

「いちご鼻」とは、小鼻を鼻頭を含む鼻の毛穴が大きく開いてテカリ/脂浮きがある状態をいいます。

中には毛穴が黒ずんでいたり、鼻全体が赤く炎症を起こしている場合もあるようです。

いちご鼻対策として、毛穴パックや油取り紙がよく使用されているようです。

しかし鼻パックなどをすると必要な角質層にダメージを与えて、いちご鼻はますます悪化するでしょう。

なぜなら毛穴の開きもテカリも、乾燥肌が原因だからです。

弊社の経験では、角質層内をしっかり潤すスキンケア製品で保湿すれば、いちご鼻は簡単に解消・改善できます。

スクラブ剤やサンゴ末等配合のスクラブ石鹸で毛穴の汚れを落とそうとするのは、まったく逆効果でしょう。

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

ココログ内の関連記事

アメブロ内の関連記事

 

www.alga.jp

格安/激安コスメよりもダブル洗顔不要のファンデーション直塗り

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

毎月の化粧品代の出費を抑えるために、百均/100円ショップの激安コスメや格安コスメをご購入される方は、決して少なくないようです。

百円均一の売り場に並んでいる化粧水等化粧品は意外とコスパが高く、なかにはデパート/百貨店さんで販売されている数千円の化粧品よりもスグレモノもあるとか・・・。

じつは化粧品とはそういった性質があるため、キレイなパッケージやデザインで、夢をみてしまってはならないのです。

今ひとつの出費を大きく抑える方法は、パウダー状のミネラルファンデーションがキレイにお肌に馴染ませるパワーがある化粧水を塗布して、化粧下地クリーム/プライマー不使用にすることです。

弊社の経験では、この方法はとても効果的であり、毎月の出費を1/5に抑えることに成功したお客様もいらっしゃいます。

なぜなら化粧下地クリームだけでなく、ダブル洗顔等のメイク落としに使用するクレンジングオイルや洗顔フォームをカットできるからです。

すなわち、純石鹸でのメイク落としが可能となるのです。

なお石鹸は200円前後の余分な混じりけのない安価なものが、イチバン安全性が高いようです。

そしてもう一つ忘れてはならないのは、お肌の改善効果・・・。

1.乾燥肌対策

2.乾燥肌に起因する開いた毛穴の毛穴対策

3.乾燥肌に起因するどろどろしたテカリ防止

4.乾燥肌に起因するいちご鼻対策

5.乾燥肌に起因する粉ふき肌対策

弊社のお客様よりの情報によれば、ざっと以上の改善効果が期待できます。

すなわち、出費を抑えることができると同時に、どんな潤い効果に優れた高級化粧水/美容液よりも潤い効果が高いのです。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者)によれば、合成洗剤洗顔で失ったお肌の潤いは、どんなに優れた保湿剤でももとに戻すことはできないそうです。

 

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

ココログ内の関連記事

アメブロ内の関連記事

 

www.alga.jp

化粧品や健康食品の好転反応は返品されたくないための嘘!

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

好転反応(調整反応)とは漢方の分野でよく使用される言葉で、身体を改善するために、いったん体調が悪くなることをいいます。

生業としてこの言葉を使用できるものは、国家から免許を与えられた医師等に限られます。

たとえば健康食品の販売業者が、その健康食品を摂取して体調を悪くした顧客に、絶対言ってはなりません。

言えることは、すぐにその健康食品の使用を中止して、医師の診察を勧めること程度です。

しかし悪質業者の場合は返品を受けたくないための、言い訳として「好転反応」という言葉を使用します。

これは治療の機会を奪う卑劣な行為として、現法令下では重罪に相当します。

ガンに効くと宣伝されていた健康食品を摂取したが、体調が悪くなり販売者に相談したところ好転反応で摂取の継続を勧められ、とうとう帰らぬ人となってしまった・・・。

こういった事例があるからです。

健康食品の他にも化粧品の販売でも、返品を受けたくないために、好転反応のフレーズはしばしば利用されます。

われわれ化粧品メーカーや販売者には、好転反応であることを見抜ける、医師のような高度な経験な知識などはありません。

化粧品の注意書き通り、肌に異常が生じたら使用を中止すべきなのです。

 zこの情報が皆様の、命とお肌の安全確保のご参考として、お役に立てれば幸いです。

ココログ内の関連記事

アメブロ内の関連記事

 

www.alga.jp

 

手がふやける/皮がむける原因が手荒れ防止用ハンドクリーム?


カテゴリ2(危うい乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

手荒れ予防のためにちゃんとハンドクリームを塗っても、手が荒れてお困りの方は少なくありません。

正確に申し上げれば、ハンドクリームを塗れば塗るほど、手荒れがひどくなる方です。

手がそのような状態であれば、入浴中に極端に手がふやけます。

手の皮膚がハンドクリームに含まれる様々な有害物質や化学物質などの刺激物で、壊死してしまっているのです。

手荒れがひどい場合はハンドクリームに頼らずに、まずはお医者さんへ相談しましょう。

そして当ブログからの提案は、ハンドソープ、台所用洗剤、ボディソープ、シャンプーなどの合成洗剤のご使用を一切断ち、純石鹸に切り替えることです。

なぜならば、このように皮膚が弱い方が荒れる方は、決まって合成洗剤に頼りきりなのです。

純石鹸に関しては、こちらの記事をご覧ください。

合成洗剤との違いから、お薦めの純石鹸まで掲載しております。  

この情報が皆様の安全で快適なスキンケアライフの、お役に立てれば幸いです。

ココログ内の関連記事

アメブロ内の類似記事

 

www.alga.jp

ワセリンの安全性 石油系/鉱物油系だから危険というのはデマ

カテゴリ2(危うい敏感肌・乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

ワセリンは石油から製造・精製されるスキンケア商材だから危険だとする情報を、インターネット上でよく見かけます。

危険だとする理由は、「石油から作られるから!」だということで、まったく理由になっていないのが実情です。

要するに、ワセリンが危険であるという根拠はないということで、思い込みやデマということになります。

自然派化粧品やシャンプー等スカルプケア製品の宣伝で、「石油系合成界面活性剤や鉱物油は危険!」といった文言が使用されますが、まったく同様のデマです。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者)によれば、ワセリンはきわめて安全性が高い保湿剤とのことで、医療の現場でも大活躍しています。

「鉱物油フリーで安全!」といった高価な自然派保湿クリームよりも、比べ物にならないほど安全とお考え下さい。

そのため極度な乾燥肌のアトピー性皮膚炎患者さんの間でも、根強い信頼・人気があるわけです。

ただしベタベタしたペタツキのある使用感だけは、不人気のようですが・・・。 

この情報が皆様の安全で快適なスキンケアライフの、お役に立てれば幸いです。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事

www.alga.jp