偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

海藻パック(タラソパック/アルゲパック)で発がん?

カテゴリ6(その他)


この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版です。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

海藻を配合したタラソパック(タラソテラピー海藻パック)を使用すると、ヨード(ヨウ素)の過剰摂取で発がんする危険性が高いとお考えの方は、少なからずおられるようです。。

これは2012年4月11日に発生した「コンブやワカメなどの食用海藻を頻繁に食べると発がんリスクアップ」研究論文の発表が、大きく影響していると推察されます。

ヨードが経皮摂取されることは、まず間違いのないことでしょう。

そういったこともあって弊社では事件(論文発表)発生以前より、ヨード含有量た高いラミナリア・ディギタータ(真昆布の近似種)配合の緑色海藻パックではなく、穏やかな海藻を主要成分とした非緑色海藻パックを販売しております。

しかし実際はヨードの経皮摂取は、それほど気にしなくともよろしいようです。

弊社アドバイザー医師によれば、ヨードの経皮摂取で健康被害が生じたといった事故例は、海外でも発生していないとのことです。

日本人は外国人よりも比較的ヨードに対して強いため、気にしすぎてストレスがたまるほうが、発がんのリスクが高くなるかもしれません。

そういう意味で、非緑色海藻パックに限らず、ヨード含有量が高い緑色海藻パックを適度にお使い頂くことで、大きな危険性があるとはいえないでしょう。

ホームエステまたはエステサロンさんでご安心のうえ、美肌効果の高い海藻パックの施術を、お楽しみ下さいませ。

この記事が読者様のお肌の健康維持と、お悩みの解決のお役に立てれば幸甚です。

ココログ内の関連記事

アメブロ内の関連記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp