偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)配合美白化粧品 くすみや黒ずみ改善効果なし!

ブログカテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性)  

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。  

前回の記事)   

黒ずみやくすみ改善効果があるとされる美白化粧水や美白クリームなどの美白化粧品は、いつの時代でも人気です。

しかし購入前の期待とは裏腹に使用開始前よりも、ひどいくすみや黒ずみでお悩みになる方は、少なくないようです。

そのような時はお使いの美白クリームや美白化粧水の、全成分をチェックするべきでしょう。

もしその美白化粧水にグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸二カリウム/グリチルリチン酸2K//GKⅡと同じ)が配合されていたり、美白クリームにグリチルレチン酸ステアリル(働きはグリチルレチン酸ステアリルと同じ)が配合されていたら、それらの美白化粧品がくすみや黒ずみの原因であると断定しても、まず間違いではないでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムは、血行を低下させる化粧品成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムの美白改善効果とは改善効果などではなく、一時的にお肌の血流を低下させるだけの偽美白効果です。

そしてその代償として、副作用(副反応)であるターンオーバー/肌代謝低下が不可避となります。

当然ながらお肌のくすみや黒ずみは、ひどくなる一方でしょう。

 

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事  / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp