偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

薬用シャンプーの常用/長期使用で頭皮が老化して脆くなる危険性

カテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性) 

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。 

前回の記事)   

有効成分/薬効成分としてグリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム/グリチルリチン酸2K//GKⅡと同じ)を配合した薬用シャンプーなどのスカルプケア製品やヘアケア製品には、さまざまな効果がPRされています。

たとえば頭皮に対する効果であれば、大半の製品には下記のようなことが宣伝されています。

①炎症を抑える

②痒みを抑える

③フケを抑える

④頭皮を健康に導く

一見頼もしいようにも見えるのですが、それには副反応/副作用を含む負の効果も、理解しておくべきだと思います。 

①炎症を抑える

炎症を抑えるということは、自己免疫機能を低下させて、人体に有害物質を経皮摂取させることになるデメリットも生じます。

(もし頭皮に炎症があるのであれば、炎症の原因を特定し、早目に治療すべき。)

②痒みを抑える

これも①と同様で、痒みの原因を特定すべきでしょう。

もし頭皮が乾燥肌であるなら、しっかりと保湿すべきでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウム配合ヘアケア商材を長期間使用すると、身体が耐性をもってきて、やがては痒くてたまらない状況に陥る危険性も!

③フケを抑える

健康な頭皮であっても、適度なフケは出るものです。

過度にフケが発生するのであれば、やはりその原因を早めに特定すべきでしょう。

なお、グリチルリチン酸ジカリウムは肌代謝/新陳代謝を低下させるため、フケが出にくくなるのは至極当然のことでしょう。

逆からいえば、適度なフケが出る状態のほうが、頭皮が健康といえるかもしれません。

④頭皮を健康に導く

これまでの記事に述べてきたように、グリチルリチン酸ジカリウムの常用/長期使用は漢方の教えに反することです。

頭皮が老化して脆くなる副作用が、医療関係者より報告されています。

以上のことから、グリチルリチン酸ジカリウム配合薬用シャンプーのご使用は、短期間に限ってのご使用が安全といえるでしょう。

皮膚科に通院されている方は、もちろん必ず主治医の先生にご相談すべきでしょう。 

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事  / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp