偽美白ケアの副作用によるシワ・たるみ増大等の肌老化の危険性や逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

乾燥肌対策をターゲットとした「濃グリセリン商法」について

カテゴリ3(経済的な乾燥肌対策)

この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社補助サイト内の記事の縮ダイジェスト版です。全文をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

通常のグリセリンよりも濃グリセリンのほうが保湿効果が高く、濃グリセリン配合化粧水等コスメのほうが保湿力が高いといった宣伝がなされているサイトがあるようです。

また「純度99%グリセリン配合だから高保湿効果!」といった、スキンケア製品の宣伝なども!

通常のグリセリンの製造工程では、まず純度99%近い濃グリセリンが製造されます。

そのままでは液切れしにくいグリセリンのために、精製水が加えられて扱いやすい純度85%前後の通常のグリセリンが製造されます。

ですから純度99%の濃グリセリンが、高級で高機能というわけではありません。

金の場合は純度の高いほうが高級なのですが、グリセリンの場合は逆です。

誤解を招くような宣伝文句には、注意しましょう。

この化粧品成分に関する記事が、読者様の良きご参考となれば幸いです。

 

www.thalassotherapy.jp