偽美白ケアの副作用によるシワ・たるみ増大等の肌老化の危険性や逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

パラベンより1,2-ヘキサンジオールのほうが安全という公的データなし

カテゴリ2(危うい敏感肌対策)

この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社補助サイト内の記事の縮ダイジェスト版です。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

1,2-ヘキサンジオールは、公的機関による発がん性や催奇性や胎児への安全性評価が、ほとんどなされていない化粧品成分です。

そのために危険性情報は、当然ながらないことになります。

これを「危険性情報なし=安全」と歪曲し、安全性が高い防腐剤などと宣伝されているのが実情です。

そういった化粧品販売サイトでは、パラベンは必要以上に悪く言われています。

弊社はパラベンを肯定するわけではありませんが、パラベンより1,2-ヘキサンジオールのほうが安全などといった公的データなど、どこにも存在しません。

アメリカでは1,2-ヘキサンジオール関連物質は、猛毒扱いさえされているという事実もあります。

パラベン配合化粧品で問題なかった方が、1,2-ヘキサンジオール配合品に切り替えて肌トラブルを生じる例をよく耳にするため、慎重なコスメ選びが求められるでしょう。

この化粧品成分に関する記事が、読者様の良きご参考となれば幸いです。

 

www.thalassotherapy.jp