偽美白ケアの副作用によるシワ・たるみ増大等の肌老化の危険性や逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

パラベンフリー・ノンパラベン化粧品・パラベン不使用コスメの危険性

カテゴリ2(危うい敏感肌対策)

この化粧品の概念に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社補助サイト内の記事の縮ダイジェスト版です。全文をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

パラベンフリー化粧水やノンパラベン化粧品は、敏感肌用というわけではありません。

むしろパラベン配合品よりも危険性が高いというのが、残念ながら実情です。

なぜなら人の周囲に生息するカビなどの真菌や雑菌に毒性のある物質は、人体にも何らの毒性があるのが常です。

しかもカビや雑菌はヒト以上に、抵抗力をすぐに身につけます。

要するにパラベンフリーコスメでは、パラベン以外の毒でもって、カビや雑菌の繁殖を抑え込もうというだけのことです。

食品にも使用できるパラベン以上に安全な防腐剤が現実としてないため、結局はパラベン以上に肌トラブルが生じやすい防腐剤となってしまいます。

弊社のお客様より得た情報をもとに、防腐剤ワーストスリーを下に記します。

ワースト1:ローズマリー葉エキス(ローズマリーエキス/ROE

ワースト2:1,2-ヘキサンジオール

ワースト3:フェノキシエタノール

この化粧品の概念に関する記事が、読者様の良きご参考となれば幸いです。

 

www.thalassotherapy.jp