偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

紅藻エキス・褐藻エキス・緑藻エキス等海藻エキスは危険?

カテゴリ2(危うい敏感肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

弊社はしばしば百貨店さん等で、海藻を使用したタラソテラピー化粧品で、ハンドエステの実演販売をさせて頂きます。  

その際にお客様より、「海藻は恐い!」と言われる方がおられます。

詳しく伺うと、紅藻エキス・褐藻エキス・緑藻エキスといった海藻エキス配合化粧水等コスメで、肌荒れ等のトラブルを起こしたらしいのです。

じつはこのようなご経験をお持ちのお客様は、少なくないのです。

化粧品の全成分表示では、これら紅藻エキス・褐藻エキス・緑藻エキスは並んで記載されています。

じつはこれが重要で、3つのエキスが混合されたフランス産化粧品原料が、日本の化粧品会社でよく使用されます。

液体のため重量物であり、船便で赤道直下を通過することとなります。

そのためしっかりとした防腐対策を講じるわけですが、パラベンが配合されることとなります。

でもここで、パラベン自体を悪く言うわけではありません。

このミックス海藻エキスがフェノキシエタノールを配合した、パラベンフリー化粧品によく配合されます。

海藻エキスに配合されているパラベンキャリーオーバーであるために、全成分に表記する義務はありません。(真面目な化粧品会社さんは表記しています。)

じつはパラベンとフェノキシエタノールを同時に配合することで、防腐の相乗効果を得ることができます。

すなわち、カビなどの真菌や雑菌に対する、毒性が高まるということです。

それを裏返せば、人体に対する毒性が高まるということにもなるわけです。

不安をあおるつもりは毛頭ありませんが、このあたりも充分考慮のうえで、海藻エキス配合コスメを使用されるべきでしょう。

 

この記事が読者様の、安全で効果的なスキンケアライフの、一助になれば幸甚です。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp