偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

お使いの美白化粧水が「グリチルリチン酸」配合の場合は、目に入らないように、唇に塗布しないように! 粘膜の抵抗力が落ちて、コロナウィルスの感染リスクが高まります。リップクリームも要注意!

純石鹸洗顔がセラミドをまもり乾燥肌対策になる理由

 カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

純石鹸(純せっけん)には保湿成分のグリセリンが残っていて、お肌への潤い効果があるとよく言われます。

しかし石鹸に含まれるグリセリンがお肌を潤すとは、とても考えにくいことです。

なぜならグリセリンは角質層に浸透してこそ、潤い効果を発揮します。

純石鹸のイチバンのメリットは、合成洗剤のように角質層内までも洗わないことで、乾燥肌対策としてとても効果的です。

合成洗剤でお肌を洗浄すると、体質によりセラミドも洗い流してしまうデメリットがあります。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者として有名)によれば、お肌から潤いを奪わないことが、もっとも有効な乾燥肌対策ということです。

つまり純石鹸での洗浄は結果的に、お肌を潤すということです。

そういうわけで弊社では、乾燥肌の方にはダブル洗顔不要の純石鹸で洗い流せる、化粧下地不使用のファンデーション直塗りをおすすめしております。

なお石鹸であっても、エデト酸やエチドロン酸等のキレート剤が配合されていれば、合成洗剤と同様に角質層内を荒らしてしまう危険性があるでしょう。

 

この記事が読者様の、乾燥肌対策のお役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事) 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp