偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

単なる乾燥性敏感肌? 化学物質に強い方と弱い方

ブログカテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

同じスキンケア製品や化粧水等コスメを使用しても、大丈夫な方と肌トラブルを起こしてしまう方がおられます。

一般的には後者は「敏感肌」または「乾燥性敏感肌」と呼ばれているようですが、弊社の経験では2通りありようです。 

2つ目のタイプは、たとえば一日に何十回~百回以上も化粧水を塗布して、数日で1瓶を使い終えるような方です。

また、まるでカクテルでも楽しむかのように、化粧水にいろいな他の美肌成分を配合して使用するような方です。

当然ながらお肌や身体内部は、ダメージを受けてしまいます。

2つ目のタイプは、合成界面活性剤等化学合成物質・化学物質や有害物質に弱い方です。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者として有名)よれば、化学物質に耐性のある方と耐性のない方と、両極端化してきている傾向があるようです。

たとえばクレンジングオイルや洗顔フォーム等の洗顔料を使用したダブル洗顔/メイク落としで、毛穴が恒常的に開いてしまうかたは耐性のない方です。

冬季であれば、ハンドクリームを塗布すると肌細胞が壊死して、手が異常にふやけてしまう方です。

放置していると手荒れが重症化する危険性があるため、早目のハンドケア・対策が必要でしょう。

 

この記事が読者様の、快適で安全なスキンケアライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事) 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp