偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

洗顔料や洗顔石鹸 泡立ちの良さと洗浄力は正比例しない

 

カテゴリ5(その他)    

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内の記事の、縮小版記事となります。詳細内容をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

石鹸や洗剤の泡立ちに関して、泡立ちがよければ洗浄力があり、泡立ちが穏やかであれば洗浄力は弱いといった、誤解をされている方は少なくないようです。

たとえば洗濯機に洗剤を投入して、最初は泡がたっていたのに泡がなくなったという場合は、洗浄力が落ちています。。

洗顔料の場合は、泡立ちの良さが求められる傾向があるようです。

粒子の小さい泡で洗うというのが、お肌に優しいという宣伝が、大きく作用しているようです。

しかしあまり泡立ちを求めすぎると、過去の加水分解コムギアレルギー事故のようなことにもなりかねません。

合成洗剤の洗い方は、泡をお顔にのっけてしばらくそのままというのが主流です。

しかし純石鹸で洗顔をする場合は、お顔を指で軽くさすりながら洗うというのが正しいやり方です。(→ 関連記事

つまり純石鹸での洗顔の場合は、泡立ちを求める必要はないということです。

 

この記事が読者様の、快適で安全な洗顔の、お役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事) 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp