危険な偽美白ケアや逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

老化促進の副作用の危険性がある偽美白ケアや、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や効率的な乾燥肌対策について、書いてまいりたいと思います。

印刷業経験者にうつ病患者さんが少なくない原因は?

カテゴリ5(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

うつ病と診断された患者さんのうちで、印刷業に従事されていた方が少なくないと、よく言われます。

検索サイトで実際に検索してみると、「うつ病」のキーワード候補として「印刷業」が表示されるため、決して誤った情報ではないでしょう。

印刷というものはほぼ100%受注生産であり、ミスがあれば転用が効きません。

そのうえ短納期を要求されるのが常です。

ですから印刷会社にお勤めの方は、日々大きなストレスをお抱えのようで、これがうつ病の原因だとするご意見があるようです。

もちろんそれも原因の一つでしょうが、他にも大きな原因が潜んでいるようです。

印刷工場で使用されるインクには、揮発成分の「フェノキシエタノール」が配合されています。

海外ではこのフェノキシエタノールが、うつ病を誘発させる危険性が議論されています。

排気設備をある程度整えても、このフェノキシエタノールから身を守ることはなかなか困難なようです。

なぜなら工程ですべて揮発してくれればよいのですが、フェノキシエタノールは製造直後の印刷物にはかなり残留するようです。

そしてこのフェノキシエタノールの他の大きな使途は、化粧水等コスメ/化粧品用の防腐剤です。

もし読者様がうつ病の症状でお悩みの場合は、フェノキシエタノール無添加コスメか、手作り化粧水に切り替えるのも、うつ病対策になるかもしれません。

この情報が、皆様の安全で快適なスキンケアライフの、一助となれば幸いです。

アメブロダイジェスト版記事

 

www.alga.jp