偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

2019-05-22から1日間の記事一覧

化粧品成分 1,3-ブチレングリコール(BG)の毒性・危険性

BG(1,3-ブチレングリコール)はしばしば接触性皮膚炎が報告されていて、低刺激性や安全性ではグリセリンより劣ります。敏感肌やアトピー性皮膚炎には、危険性の高い保湿成分でしょう。

弱酸性洗顔石鹸や化粧水はお肌に優しく低刺激で敏感肌用?

弱酸性化粧水よりもお肌に刺激がない程度の微弱アルカリ性化粧水のほうが、保湿効果に優れた#乾燥肌用であり、お肌に優しい 敏感肌 用でもあるでしょう。アルカリ泉は、美肌効果に優れています。

乾燥肌対策 低分子ヒアルロン酸の誤用で顔カビの危険性?

乾燥肌対策として手作り化粧水へ低分子ヒアルロン酸(ナノヒアルロン酸)を高配合しすぎたり、同化粧品成分の#化粧水を重ね塗りし過ぎると、顔水虫(顔カビ)を発症する危険性があります。

アレルギーテスト済み化粧水 敏感肌やアトピー性皮膚炎用?

「アレルギーテスト済み」とは一定の低刺激性を備えているものの、健康で丈夫な皮膚であれば肌荒れ等の危険性が低いということです。敏感肌用やアトピー性皮膚炎用という意味ではありません。

石膏パックで低温やけど ホームエステのセルフ石膏パックは危険

エステで人気の 石膏パック (モデリングパック)はペーストを均一に塗る必要があり、厚く塗り過ぎるとその部分のみ高温となり、低温やけど 起こす危険性があります。セルフ石膏パックは危険!

ヒノキチオール配合化粧水等化粧品の毒性/危険性と安全性

ヒノキチオールにはアレルギー性皮膚炎発症等の危険性があるため、敏感肌やアトピー性皮膚炎には注意が必要です。天然由来だから安全だと過信せず、肌荒れ等を生じたらすぐに使用の中止を!