偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

化粧品成分 1,3-ブチレングリコール(BG)の毒性/危険性

カテゴリ4(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

化粧水や美容液等コスメ/化粧品によく配合される化粧品成分として、BG(1,3-ブチレングリコール)という保湿成分があります。 

グリセリンと同様にとても人気の成分で、グリセリンに比べてベタツキ感が少なく、サッパリとした保湿効果が一般的な評価です。

(しかし弊社の経験では、グリセリンも角質層に浸透すればベタツキなし!)

この人気のBGですが、低刺激性においてはグリセリンには遠く及ばず、しばしば接触性皮膚炎が報告されています。。

BGは低いながらも毒性があり、しばしば防腐助剤もしくは防腐剤としても使用される所以です。

お肌が比較的丈夫な方であれば危険性は低いでしょうが、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの、お肌の弱い方には不向きといえましょう。

この情報が、皆様の安全で快適なコスメライフの、一助となれば幸いです。

 

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

Blogger縮小版記事) 

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp