偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

美白効果が高い薬用美白化粧水や美容液には美肌を失う副作用の危険性

カテゴリ1(GKⅡ配合コスメ常用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の連続記事の一部内容の縮小版記事となります。詳細記事をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

前回の記事)   

これまでグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K/GKⅡ/医薬部外品ではグリチルリチン酸二カリウムと表示)の危険性について書いてまいりましたが、同化粧品成分の配合量がどの程度の化粧水等コスメや薬用化粧品(医薬部外品)であれば、毎日使っても副作用の危険性が低いかについて、書きたいと思います。

法令で定められている化粧品への場合の、配合率の上限は下記のとおりです。

① 粘膜に使用されない且つ洗い流すもの(シャンプー等): 0.8%

② 粘膜に使用されない且つ洗い流さないもの(化粧水等): 0.5%

③ 粘膜に使用されるもの(リップなど): 0.2% 

医薬部外品の場合は、薬用化粧水(上記の②に相当)などへの上限配合量は0.3%と、化粧品よりも低くなります。

これらの規制にしたがって製造されている製品であれば、毎日適量を使用している限りでは、重篤な副作用は出ないであろうというものです。

しかし上記のことは、美肌作りにマイナスであるか否かといったこととは、おおよそ無縁のことです。

たとえばグリチルリチン酸ジカリウムを配合したコスメ/化粧品や薬用化粧品を塗布した直後にグリチルリチン酸ジカリウムを配合していないスキンケア製品よりも著しくお肌が美白(偽美白)されるのであれば、それはすでに「血行不全」や「新陳代謝低下」の副作用を起こしているということです。

そのような偽美白効果の強い化粧水/薬用化粧水を、たとえば朝7時に塗布して夜7時まで白くあり続けるということは、美肌作りに不可欠のターンオーバーが半日間も、まともにできないこととなります。

さらに就寝前にもグリチルリチン酸ジカリウム配合化粧水等を塗布したり、グリチルリチン酸配合薬用石鹸などで洗顔をするのであれば、ほぼ一日じゅうまともに新陳代謝ができないことになってしまいます。

まともな肌代謝ができないわけですから、デトキシンされるべき老廃物もお肌に溜まるわけですから、お肌が黒ずんだりくすむのは、当然のことでしょう。

何らかの目的があって短期的な使用であれば、お肌を偽美白するグリチルリチン酸ジカリウム配合品の短期間の使用は、やむを得ないでしょう。

しかし常用するのであれば、、お肌が白くならない程度のグリチルリチン酸ジカリウム配合品に、とどめておくべきでしょう。

さらに使用頻度もできるだけ少なくして、血流や肌代謝を少しでも阻害しないことが、お肌のためでしょう。

 

 

ココログ関連記事 / アメブロ関連記事 / ブロガー関連記事 / 序章 / 続きの記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp