偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

豆腐や野菜だけの間違ったダイエットで免疫力低下して新型コロナウイルス感染症の危険性高まる?

カテゴリ7(その他 新型肺炎対策)     

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第2部」のうちの、一部の分割記事となります。  

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクを押下して下さい。  

 (前回の 昆布には抗ウイルス効果しとする栄研の情報に関する記事 よりの続き)

 代謝を高めることで感染症に罹患しにくくなることは、古くから知られていることです。 

ヨウ素(ヨード)は代謝に不可欠な、最重要ミネラルです。

そういうわけで、昆布をはじめとする食用海藻をとおして適切にヨウ素摂取することで、あらゆる角度から間接的に、新型コロナ対策になることを、これまでの記事にて何回も書いてまいりました。 

もうひとつ、摂取し過ぎるといつの間にかヨウ素摂取不足と同様のことが起きてしまう食材があります。

それは大豆や小豆等の豆類およびその加工品である豆腐等,キャベツ,カリフラワー,ブロッコリー,大根,玉ねぎ,ピーナツ等ナッツ類、ワサビ(山葵)やからし(辛子)などです。

豆類に含まれるイソフラボン、ゲニステイン、ダイゼインは、体内で甲状腺ホルモンの合成を阻害することがわかっています。

またワサビやからしに含まれる辛み成分のグルコシノレートもまた、同様の働きがありますが、この成分はキャベツやブロッコリーや大根などのも含有されています。

グルコシノレートを除去したキャノーラ油以外の菜種脂も、同様です。

「食べ過ぎ」を数値に表すことは難しいですが、これらの食材を摂取すると同時に海藻等もしっかり摂取しておけば、何ら恐れることはないようです。

要するに、「バランスのとれた食事」「栄養のバランス」です。

大豆や小豆は古来より日本で食されていたために、賢い日本のご先祖様が和食・和菓子文化として、安全に食せるように工夫がなされています。

たとえば昆布と大豆を組み合わせた「昆布豆」や、小豆と昆布を組み合わせた「おしるこ」や「ぜんざい」などです。

和食文化や和菓子文化で利用されなかったキャベツ等の食材は、海藻との組み合わせのひと工夫が必要かもしれません。

以上のことから考えると、テレビの健康番組等でおすすめの「キャベツダイエット」や「豆腐ダイエット」がいかに危険であるか、おわかり頂けると思います。 

もっとも、メタボ・太り気味または太り過ぎ等の肥満症の方で海藻摂取不足の方は、少なくないようです。

 

ココログ内の関連分割記事

 

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp