偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

甲状腺がん発症リスクがある昆布うまみドリンクに関するNHKあさイチ関連ホームページはやっと閉鎖

カテゴリ7(その他 コンブ旨味ドリンクの危険性)     

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「昆布うまみドリンクの危険性」のうちの、一部の分割記事となります。

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクを押下して下さい。

NHKの昆布に対する誤った見識に関する前回の記事 よりの続き) 

この昆布の誤用に関して今年7月より、ココログアメブロツィッター、インスタグラムおよび当ブログにて、「決して飲まずに、口内をゆすぐだけに!」と、危険性情報を発信してまいりました。 

またNHKさんに対しても、「昆布旨味ドリンクの安全性の検証はされているのか?」といった、抗議も行ってまいりました。

11月中旬にNHKさんのホームページを確認したところ、「あさイチ」での昆布うまみドリンクの関連ページは、削除されているようでした。

いっぽう「ためしてガッテン」のページは、大筋で以前のままでした。

この誤った健康法が「ためしてガッテン」で紹介されてから2年経過しているため、ネット上では正しく安全な健康法として、もはや既成事実化されてしまっています。

Google検索をすればおわかりだと思いますが、危険性を訴える情報は私が管理するページ以外は殆んど見当たらないのです。

そこで別件で取材をして下さった最大手健康雑誌出版社さんに、この健康法に関する危険性情報法を何らかの形で発信して頂けないものかと、お願いしているところです。

このままでは全国レベルで、この昆布旨味ドリンクによる健康被害が、音をたてずに静かに広がり蔓延していきます。

NHKが安全性の検証をせずに拡散した、この東北大学歯学部の教授発案による昆布うまみドリンクは、高齢者や基礎疾患/持病がない方でも甲状腺がん発症による重症化や死亡を招く危険性があるため、新型コロナウイルスよりも危険です。 

昆布は適量を摂取してこそ健康に寄与することは、伝統的和食・日本の食文化の常識中の常識です。

まずは常識を踏まえた上での、研究や開発や情報発信をするべきでしょう。

2020年11月30日付けココログ記事 より転載)

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp