偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

イソプロピルメチルフェノールは新型コロナウイルスに効果なし

カテゴリ7(その他 新型肺炎対策)      

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第4部」のうちの、一部の分割記事となります。 

全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい 。   

 

ワクチンに期待するより栄養摂取や生活習慣病予防!関する前回の記事 よりの続き)

 

 今般のCOVID-19感染症対策/コロナウイルス感染予防を確実にしたいといった思いから、殺菌剤が配合された石鹸がよく売れているようです。

何でもかんでも除菌/殺菌/消毒したいといった思いから、そのような傾向が生まれてくるのでしょう。

しかしこれには、大きな問題があります。 

昭和の御代でも令和の御代でも、お外で鬼ごっこやかけっこをして転んで擦り傷を負った場合の応急処置は、負傷した部位を水道水で徹底的に洗って、異物を取り除くことです。

この処置をしなければ、破傷風菌に感染するなどして、たいへんなことになることも予想されます。

水道水がしみて痛くても、良い子のみんなはそうしてきました。

ここで大事なことは、清潔な流水で傷口を洗えば、雑菌やウイルスを洗い流して除菌できると同時に、水道水に含まれる塩素で殺菌できるということです。

塩素が有効なウイルスや雑菌の種類は広範囲にわたるため、プールなどでも使用されるわけです。

ただし塩素の殺菌効果には持続性がないため、応急処置の後にマキロンなどの傷薬を塗る必要があります。

殺菌効果のある薬用石鹸の多くの商材には「イソプロピルメチルフェノール」という殺菌剤が、有効成分として配合されています。

加齢臭予防/体臭予防やニキビ菌/アクネ菌対策としては有効のようですが、破傷風菌や多くのウイルスにはまったく効果はありません。

またイソプロピルメチルフェノールには強い毒性があり、たとえ石鹸での使用であっても、長期間の使用を控えておくほうが賢明でしょう。

もうひとつ大事なことは、殺菌効果があるということは、皮膚にもある程度の負担を強いるということです。

水道水の塩素程度であれば、アトピー性皮膚炎患者さんや超敏感肌の方は別として、まず問題はないでしょう。

しかし強い殺菌効果のある石鹸等で手のひらを除菌や殺菌をした場合は、手荒れを起こす危険性があります。

手荒れを起こしてしまえば、手に様々な雑菌やウイルスを飼うことにもなりかねません。

お肌にやさしい石けんを使用して、しっかり水道水で手を洗うことが、正しいコロナ対策でしょう。

なお弊社公式サイト内に、お薦めの石鹸情報を含めた石鹸特集の記事がございます。

ご興味がございましたら、ぜひご覧下さい。

 

ココログ内の関連分割記事

アメブロ内の関連分割記事

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp