偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

睡眠不足で新型コロナウイルス感染症の危険性増大 志村けんさんは重度の睡眠不足だった!

カテゴリ7(その他 新型肺炎対策)        

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「新型コロナウィルス・新型肺炎対策のまとめ 第3部」のうちの、一部の分割記事となります。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクを押下して下さい。 

前回の記事よりの続き)   

読者様もご存知のように、古来より「睡眠不足はお肌の大敵」とよく言われます。 

単にお肌の調子が悪くなるだけでなく、重度な睡眠不足は頭痛や吐き気を引き起こしたりと、マイナス面なことばかりです。 

人体のあらゆる部位の修復は、主として睡眠時に行われます。

身体が副交感神経モードとなり、身体の隅々にまでの血流が活発となり、必要な栄養が血液によって運ばれて、逆に老廃物が血流にのって排出されるわけです。

これにより身体の表面のお肌だけでなく、臓器や骨や筋肉も含めて修復がなされます。

今般の新型コロナウイルスによる被害では、持病のない志村けんさんがあっという間に亡くなってしまったという、フェイクニュースも流れましたが、じっさいには志村さんは肝臓障害も患われていて、そのうえ過度の睡眠不足であったことが明らかになっています。

身体の抵抗力を高める肝臓が、修復されずに傷んだままとなっていたわけですから、あのような残念なことになってしまったのでしょう。

この睡眠不足についてですが、以前私はくっきりと目に見えることを体験しました。

弊社はタラソテラピー商材を扱っており、その商品群には海藻パックの他、タラソテラピー入浴料(バスソルト)も販売しています。

ある日仕事関係の方から、「タラソテラピー入浴料」を試させてほしいとのお電話を頂戴しました。

医者さんの診察を受けても治らないとのことで、かなりのお悩みのご様子。

心配になりタラソテラピー入浴料を持って、その方とお会いしたわけですが・・・。

なんと両手全体がひび割れたようにアカギレが生じていました。

見るに無残な状況で、本当に驚きました。

その方は花粉症にもお悩みで、花粉対策メガネ(防護/防塵メガネ)を装着。

受診されたお医者さんによれば、花粉症との関係があるかもしれないが原因不明」とのことでした。

そういうわけで藁にもすがる思いで、タラソテラピー入浴料のもつスキンケア効果を期待されたというわけです。

タラソテラピー入浴料は化粧品レベルのものであり、疾病を治療するものではありません。

そのため私は決まり文句のように、「ご使用はお医者さんとのご相談の上で」と前置きをした上で、下記の効果的な入浴方法をお伝えしました。

①お湯の温度は高くても40℃まで

②お湯に浸かる前はお肌に優しい純石鹸で身体を洗浄

③浴槽から出た後はタオルで拭き取る程度(かけ湯なし)

そして一週間経過した後に、「治った」とのお電話を頂いしました。「

まさかそこまでの効果が?」と思いながら再びその方とお会いしたのですが、なんと、ひび割れの痕は残っているものの、アカギレは閉じて明らかに修復に向かっていました。

ご本人は「この入浴剤はとても効果がある」と信じ込まれておられたのですが、その方とお話するうちに、あることに気づきました。

それは睡眠不足が解消/改善されたということです。

多くの日本人は入浴時に、40℃以上のお湯を好むと言われています。

しかし40℃を超すお湯は、身体を目覚めせてしまう危険性があります。

その結果入浴後はなかなか寝付けず、寝不足になる可能性も!

朝風呂は身体を目覚めさせるために、45℃近い高温で入浴をするわけですが、それに近い可能性があります。

つまり朝風呂と夜風呂を混同してしまうことです。

40℃までのぬるめのお湯は、身体を副交感神経モードに誘い、入浴後はぐっすり眠ることが可能となります。

もちろん私がお渡ししたタラソテラピー入浴料が、傷の治癒にまったく関与していないとは言い切れません。

しかしその方が言われた「ずっすり眠れた」ということが、イチバンの要因であったと考えられるわけです。

それまではその方は寝つきが悪く、いつも睡眠不足であったとのこと!

そしてもうひとつ大事な点として、花粉症による苦痛も軽減できたとのこと!!

新型コロナウィルスが猛威を振るう(といっても欧米よりは概ね3桁違いに軽度)この時期は、花粉症による被害も大きいです。

お肌が修復されずに肌荒れが生じて肌バリアがザルのようになれば、さまざまな化学物質/毒物や花粉に含まれる刺激物も皮膚を通過しやすくなります。

前回の記事を読まれた読者様はもうおわかりだと思うが、新型コロナウィルスがそこに飛び込めば、たちまち感染の可能性も否定できないわけです。

良質な睡眠な睡眠と良質な栄養摂取は、お肌を美しく、そして丈夫にします。

夜遊びはほどほど(今はほどほどもダメ)にして、しっかりとお肌をいたわるべきでしょう。(次の記事 

 

ココログ内の関連分割記事

 

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp