偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

台所用洗剤/食器用洗剤を合成洗剤から純石鹸に切り替えて手荒れ改善・防止!

ブログカテゴリ2・3(誤った敏感肌対策/乾燥肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

食器用洗剤や台所洗剤は、単に食器等を洗う洗浄剤とお考えの方が、決して少なくないようです。 

しかしこれは日本の常識であって、アメリカの常識とはまったく異なります。

日本では食器を洗う石鹸は台所用石鹸であり、お肌を洗う石鹸は化粧石鹸と法律に規定されています。

しかしアメリカでは、そのような区別はありません。

なぜなら台所用石鹸は、手のお肌も洗うからです。

そうなれば必然的に、石鹸はお肌に優しくなるという傾向にならざるを得ないでしょう。

いくら「手に優しい〇〇〇〇〇」と宣伝されている合成洗剤であっても、合成界面活性剤で手が荒れる方は荒れる傾向にあります。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者として有名)よれば、年を追って合成界面活性剤等化学物質に強い方と弱い方の、二極化が進んでいるそうです。

だって石鹸じゃ油汚れ落ちないでしょ?

このように思い込んでおられる方は、けっこういらっしゃいます。

昭和30年~40年代以降にお生まれの方は、どっぷり合成洗剤文化に浸りきっているために、石鹸をお使いになられたことのない方が多いのです。

もし読者様が合成界面活性剤をお使いで手荒れにお悩みでしたら、ぜひ純石鹸をお試し下さい。

おすすめの純石鹸はねば塾さんの「白雪の」です。

ちなみに、アメリカでの石鹸事情をご教授下さったのも、ねば塾さんです。 

この情報が皆様の、安全で快適なキッチンんライフの、お役に立てれば幸いです。

アメブロ内の関連記事

ココログ内の関連記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp