偽美白ケアの副作用によるシワ・たるみ増大等の肌老化の危険性や逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

植物性プロパンジオール 正しくは遺伝子組換え大腸菌性プロパンジオール!

カテゴリ2(危うい敏感肌対策)

この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社補助サイト内の記事の縮ダイジェスト版です。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。

植物性油脂や動物性たんぱく質といったフレーズを、私たちはよく使用します。

牛から得られる食材を例にすれば、牛そのものから得られる牛肉の赤身は主として動物性たんぱく質であり、脂身は主として動物性油脂です。

また牛乳に含まれるたんぱく質は動物性たんぱく質であり、脂肪分は動物性油脂です。

肉牛も乳牛も主として草を食べて育つのだから牛肉も牛乳も植物性だと、馬鹿げた主張する方はまずおられないでしょう。

草は肉牛や乳牛の身体の中で、まったく別の物質に変化してしまっているからです。

しかし化粧品業界の片隅では、このような馬鹿げた主張がまかり通ってしまことがあります。

その一例が「植物性プロパンジオール」という奇妙な言葉で、消費者におおいに誤ったメッセージを送ってしまいます。

すなわち、天然で安全性の高いプロパンジオールといった、事実に反する誤解です。

この「植物性プロパンジオール」とは、自然ではありえない雰囲気下で、遺伝子組み換え大腸菌に糖を与えることで得られる化学物質です。

遺伝子組み換え大腸菌とプロパンジオールの関係は、乳牛と牛乳の関係と同じということになります。

「~性プロパンジオール」とどうしても言葉を飾り付けるのであれば、「遺伝子組み換え大腸菌性プロパンジオール」となるべきなのです。

そのように表記すれば消費者は、誤解なく事実を正しく把握できるでしょう。

消費者によっては、遺伝子組み換え作物を避けたい方もおられれば、遺伝子組み換え大腸菌でできた化学物質にお世話になりたくない方もおられるからです。

なぜなら過去に遺伝子組み換え大腸菌で作られた物質により、死亡事故も発生しているからです。

続きの記事へ)

 

www.thalassotherapy.jp