偽美白ケアの副作用によるシワ・たるみ増大等の肌老化の危険性や逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

プロパンジオール トウモロコシの糖を発酵して得られた天然成分?

カテゴリ2(危うい敏感肌対策)

この化粧品成分に関する記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社補助サイト内の記事のダイジェスト版の分割記事です。全文をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

前回の記事の続き)

 

また「プロパンジオールはトウモロコシのデンプン(糖)を発酵させて得られる天然の化粧品原料」といった、文言も見かけます。

天然由来ではないことは前回の記事で書きましたが、ここで大きな問題は「発酵」というフレーズです。

発酵は本来は醤油やお酒を醸造・熟成に役立つ麹菌やパン生地を熟成させるイースト菌による作用を指し、大腸菌による作用は含まれていません。

ましてや遺伝子組み換え大腸菌となれば、もはや論外としか言いようがないでしょう。

遺伝子組み換え大腸菌による作用は「発酵」ではなく、正しくは「変性」です。

 通常遺伝子組み換え大腸菌による変性は、英語では“denaturation”という単語が使用され、発酵を意味する“fermentation”という単語は使用されません。

人類の長い歴史の中で「発酵」で得られた物質は、一定の安全性は確保されています。

しかし「変性」で得られた物質には、そこまでの信頼性はありません。

とくに「変性」で目的の物質以外に作り出された副産物(未知の毒素)には、相当な注意が必要とされています。

この「発酵」と「変性」をきっちり区別しておかないと、安全性の高い伝統的な発酵食品にあらぬ疑いまで生じかねません。

「プロパンジオールは遺伝子組み換え大腸菌性による変性で得られた非天然成分」と、正直に消費者に認識させるべきでしょう。

(続きは次の記事へ)

 

www.thalassotherapy.jp