危険な偽美白ケアや逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

老化促進の副作用の危険性がある偽美白ケアや、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や効率的な乾燥肌対策について、書いてまいりたいと思います。

グリセリンより濃グリセリンのほうが高保湿というのはウソ!

(カテゴリ2 間違った乾燥肌対策) 

グリセリンより濃グリセリンのほうが保湿力が高いと主張している化粧水等コスメの販売サイトを見かけます。

そのような事実はまったくありません。

なぜなら「グリセリン」-「濃グリセリン」=「精製水」だからです。

化粧水等コスメの製造過程で濃グリセリンは適切な濃度に希釈されるわけですから、保湿効果は結局は同じというわけです。

詳しくは、弊社公式サイト内の記事を、ご参照下さいませ。

製造過程で出来上がった濃グリセリンに精製水が加えられ、ドラッグストアさんで販売されている使いやすいグリセリンに加工されます。

化粧品の製造では、精製水等で希釈されるわけですから、結局は保湿力は同じなのです。

 

文責者

www.alga.jp