偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

妊娠中のオーガニックコスメ/化粧水は胎児・赤ちゃんに危険?

カテゴリ2(低刺激性を求めすぎて赤ちゃんに危険性が!)  

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

妊娠をきっかけに、化粧水等コスメに含まれる毒物から母体や胎児をまもる目的で、オーガニックコスメに切り替える妊婦さんは、少なくないようです。

しかしオーガニックコスメというのは、安全な化粧品という意味ではありません。

大半の植物エキス・ボタニカル成分には、植物固有のアレルゲンや毒物が含まれます。

妊娠中にアレルギーに陥っては、流産や死産の危険性もあるため、細心の注意が必要でしょう。

また多くのアレルギーは赤ちゃんに、遺伝することも知られています。

そして、ご購入予定のオーガニックコスメにグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)が配合されている場合は、慎重な判断が必要となります。 

同化粧品成分の抗アレルギー作用により、アレルゲンによるアレルギー性皮膚炎が目立たなくなり、経皮感作が静かに進行してしまう危険性があります。

またグリチルリチン酸ジカリウムの偽美白効果には、血流や肌代謝を阻害して、お肌の下に汚物をため込んだりして、お肌から美しさを奪う副作用が確実にあります。

何よりも大事なことですが、オーガニックコスメに切り替える際には、主治医の先生へご相談すべきでしょう。

この情報が、読者様のと赤ちゃんの安全確保の、一助となれば幸いです。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

  

www.alga.jp