偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

グリチルリチン酸ジカリウムとグリチルリチン酸2Kは同じ化粧品成分

カテゴリ1(偽美白効果の副作用の危険性)

この記事は、最下部に表示されている文責者である弊社公式サイト内「グリチルリチン酸2K 平成のまとめ」記事全文のうちの、一部の記事の縮小版となります。

今回のテーマの詳細内容またはグリチルリチン酸2Kの安全性/危険性情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリック下さい。。。

美白化粧水や美白美容液などの全成分に表記されている「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸2K」や「グリチルリチン酸二カリウム」は、すべて同じ化粧品成分で、カリウム原子が2個くっついたグリチルリチン酸という意味です。

同成分配合コスメがお肌に塗布されて経皮摂取されれば、グリチルレチン酸という薬効を持つ化学物質となります。

「グリチルリチン酸アンモニウム」や「グリチルリチン酸モノアンモニウム」も経皮摂取後は、グリチルリチン酸ジカリウムと同じ働きをします。

美白クリームなどにはグリチルリチン酸ジカリウムの他、「グリチルレチン酸ステアリル」という化粧品成分がよく配合されますが、これも同じ働きをします。

これらのうちで「グリチルレチン酸ステアリル」がもっとも即効性があり薬効が強いとされていますが、結局は配合量によるでしょう。

塗布後どれだけお顔が美白されるかにより、配合量を推し量ることが可能でしょう。 

この記事が読者様の、快適で安全なコスメライフの、お役に立てれば幸甚です。

アメブロ内の関連記事

ブロガー短縮版記事

ココログ内の記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

  

www.alga.jp