偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

フェノキシエタノールはパラベンよりも低刺激で安全?

カテゴリ2(低刺激性を求めすぎて肌トラブル)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

インターネット上では、パラベンは旧指定成分で環境ホルモン様物質で毒性が強く、フェノキシエタノール玉露にも含まれている天然成分だから安全といったことが、よく書かれています。

しかしフェノキシエタノールが化粧品に使用され始めてからの歴史は浅く、もし歴史が長ければ旧指定成分になっていた可能性があります。

天然由来は安全という理屈であれば、シイタケが産生するホルマリンも安全ということになります。

また玉露は生で食しません。

フェノキシエタノールにも、パラベンと同様の環境ホルモン様作用の疑いはあります。

そしてフェノキシエタノールは揮発性の防腐剤であるため、気化した有毒ガスが頭痛や咳を引き起こす危険性だけでなく、うつ病の原因となる疑いいも!

また同じ部屋にいるお子様などの第三者に害を与えることも懸念されるため、パラベンよりも厄介な問題があります。。

食品用途で考えれば、パラベンは添加物として使用できますが、フェノキシエタノールは猛毒のため使用禁止です。

弊社の経験ですが、パラベン配合化粧水からフェノキシエタノール配合化粧水に切り替えて肌トラブルを生じた方は少なくないようですが、フェノキシエタノール配合化粧品からパラベン配合コスメに切り替えて皮膚炎等肌トラブルを生じたことは、あまり聞いたことがありません。

つまり低刺激性にもいても、パラベンのほうが優秀で安全性が高いということです。

化学合成防腐剤のパラベンを擁護するつもりはありませんが、パラベンを避けるあまりにあらたな肌トラブルを生じる方は、決して少なくないようです。

この情報が、皆様の安全で快適なスキンケアライフの、一助となれば幸いです。

アメブロの類似記事

ココログの類似記事

Bloggerの類似記事) 

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp