偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

冷え症対策/冷え性改善 熱いお湯よりぬるめのお風呂が効果的!

カテゴリ7(その他 間違った冷え症/冷え性対策

ぬるめのお湯での入浴より熱いお風呂のほうが、身体がポカポカ温まるとお考えの方が、少なくないようです。

現在加古川のデパート(加古川ヤマトヤシキ)さんにて店頭販売をさせて頂いておりますが、今年の12月の冷えが厳しいためか、冷え性/冷え症でお悩みの方はけっこういらっしゃるようです。 

たとえば42℃~45℃の熱いお湯は基本的には身体に有毒であり、身体にストレスを与え血管を収縮させます。

有毒であるから、熱を体内に運ばないように、血流が低下するわけです。

その結果身体の外側だけが、温まることとなります。

いっぽう体温から40℃程度のお湯であれば、冷気で冷えた身体を温めるのに有益であるから、血管が拡張して血液がドクドクと流れます。

その結果身体の芯から温まることとなります。

血行が改善されると当然ながら、疲労回復や肩こり・むくみ改善などにも役立つことにもなるでしょう。

バスソルトを上手に利用すると、体感温度が1~2℃上がるようで、ぬるいお湯でも満足できるようです。

また上質なバスソルトであれば、温浴効果が24時間持続する為、手足の冷えにも有効なようです。

なお疾病の範囲に及ぶ冷え症については、やはりお医者様の診察が必要でしょう。

念のためにお断りをさせて頂きます。

この記事が皆様のご参考となれば幸甚です。

  

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp