偽美白ケアの副作用によるシワ・たるみ増大等の肌老化の危険性や逆効果となる敏感肌対策・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

弱酸性洗顔石鹸や化粧水のほうがお肌に優しく低刺激で敏感肌用?

カテゴリ4(その他)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上記リンクをクリックして下さい。

化粧水や美容液等化粧品/コスメは、弱酸性のほうが低刺激でお肌に優しく、潤い美肌効果にも優れていると言われます。

敏感肌対策として、また乾燥肌対策としても、とても気になる情報です。

しかし弱酸性のほうが低刺激性に優れているといった、医学的根拠はみつかりません。

弊社アドバイザー医師によれば、皮膚からの分泌物等が皮膚の常在菌などによって腐敗し、その結果お肌は弱酸性となるとのことです。

たとえ中アルカリ性のローションを塗布したとしても、すぐに弱酸性に戻るそうです。

要するに皮膚は必然的に、弱酸性になるということです。

弱酸性スキンケア製品のほうが潤い美肌に導くということにも、疑問が残ります。

なぜなら、美肌温泉と呼ばれる良質な温泉は、すべて弱アルカリ泉だからです。

以上のことから弊社では、お肌に刺激がない程度の微弱アルカリ性化粧水がお肌に優しく、また潤い美肌効果が高いと結論付けています。

この情報が、皆様の安全で快適なコスメライフの、一助となれば幸いです。

ココログの類似記事

アメブロの類似記事① 追加記事②

Blogger縮小版記事

 

www.alga.jp