偽美白化粧品成分 グリチルリチン酸ジカリウムによる老化促進の危険性や逆効果となる敏感肌・乾燥肌対策

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)配合美白化粧品による偽美白ケアの危険性や、低刺激性を求めるあまりに間違った敏感肌対策となる危険性や非効率的な乾燥肌対策について、情報発信致します。

安全なヒアルロン酸ナトリウム配合化粧水がお肌に合わない?

 

カテゴリ3(カテゴリー3 誤った敏感肌対策・アトピー肌対策)

この記事は、最下部に表示されている文責者である、弊社公式サイト内の記事の縮小版となります。詳細情報をご覧になりたい場合は、上のリンクをクリックして下さい。

乾燥肌対策用の保湿成分として人気の高いヒアルロン酸ナトリウムは、敏感肌やアトピー肌にも安全な化粧品成分であると、美容サイトや化粧品成分辞典などでよく書かれています。

たしかに同化粧品成分による化粧品事故は多くはないようですが、しかしお肌に合わない/体質に合わない方はアレルギー性接触皮膚炎を起こす危険性があります。

安全性がよく強調されれているためか、化粧品でカブレる原因がヒアルロン酸であると認識できるのが、遅れる傾向であるようです。

弊社アドバイザー医師(代替医療分野の第一人者でアトピー治療でも有名)によれば、ヒアルロン酸アトピー性皮膚炎にはタブーとのことです。

手作り化粧水でのヒアルロン酸は必須とお考えの方が少なくないようですが、ヒアルロン酸不使用でも保湿効果の高い化粧水の手作りは充分可能です。

お肌に合わない化粧品成分を排除できるのが手作り化粧品の最大のメリットですから、敏感肌の方はヒアルロン酸配合には慎重に!

なお目薬などにもヒアルロン酸はよく配合されますが、角膜に合わないとアレルギー性接触結膜炎となるようです。

この情報が、皆様の安全で快適なスキンケアライフの、一助となれば幸いです。。

 

ココログの類似記事

アメブロの類似記事

 

 

f:id:algai:20191214233647j:plain

 

 

 

f:id:algai:20191214233908j:plain

 

 

www.alga.jp